Picks
2274フォロー
17372フォロワー
昼は大学、夜はキャバクラ「期待するだけ無駄」格差に苦しむ女性
毎日新聞
大場 紀章ポスト石油戦略研究所 エネルギーアナリスト/ポスト石油戦略研究所代表
私の親類にも生活保護家庭で進学し世帯分離したものの、何故か生活保護は分離前の人数分振り込まれ続け、後から過払いの返還請求が数十万来たために、カードローンの多重債務に陥り、結果通学を諦めたという人がいます。本当にこの制度はなんとかして欲しいです。そもそも生活保護という仕組みは、人間の尊厳を傷つけます。 私も大学進学時は親の年収が70万しかなかったので、塾もなければ参考書も満足になく(というかお小遣いがない)、最初は学費免除で奨学金給付ももらい通学できていたのですが、2年目から基準が厳しくなり免除が半額になり、3年目から免除は終わり、学費と生活費のために朝も夜も(ボーイズバーはやりましたが、ゲイのヒモは断りました)バイトに明け暮れる日々に。毎日疲れ果てて勉強どころではなく、なんのために生きているのかわからなくなる暮らしでした。常に血尿が出て、健康診断で合格が出たことがなく、一年中再検診させられました。授業料免除の制度はできれば4年間保証して欲しいものです。 ガチャといえば、むしろソシャゲの方でしょ。 政治に期待しないのは、もっと別の大きな問題な気がします。
527Picks
NORMAL