Picks
2231フォロー
17066フォロワー
「再エネ普及のために企業は何ができるのか?」の答えも 「コスト負担です」という話
COMEMO
ガソリン新車販売35年に停止、油田開発中止も-脱炭素でIEA工程表
Bloomberg.com
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
IEAは「シナリオ」と呼んでいて、予測でも推奨でもなく、2050年ゼロを仮定した際の試算。 IEAは開発や規制権限はないのだからロードマップや工程表と呼ぶのは誤解な気がする。しかし、各国政府(特に西側)はIEAのシナリオを未来として扱う傾向があることは確か。引用するには便利だから。 IEAは石油カルテルであるOPECに対抗して作られたOECDの国際石油消費国団体の様なものだが、基本的に石油投資不足に警鐘を鳴らし、供給過剰気味にして安値安定を目指す所。 それが、今や石油開発投資を減らせというのだから時代は変わったが、OPEC石油依存を下げたいというポリシーは同じ。しかし、ネットゼロシナリオではむしろOPEC比率が2050年に向けて上がっていくのは皮肉だ。 このシナリオの石油、天然ガス、石炭の消費見通しは、奇しくも2008年ごろに話題になったピークオイル論のそれとほとんど同じ。IEA事務局長だった田中伸男氏は、「IEAは温暖化問題を石油消費削減のために利用する」と言っていたが、その通りになってきた。 結局、米国以外の西側諸国のもつ化石資源埋蔵量がなくなってきたので、競争力をできるだけ落とす事なく、世界みんなで使わない様にしようと言っている様に思える。米国は石炭資源が劣化し天然ガスに価格で勝てなくなったので乗ってきた。
245Picks
NORMAL