Picks
2184フォロー
16887フォロワー
【知る×脳科学】人間の「知る」行為の本質とは何か
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
別に誰が何を語ろうが勝手だが、この対談のどこに「脳科学」があったのだろうか。 さらっと触れるだけ触れて全く説明もされない、フリストンの「自由エネルギー原理」は、認知科学業界の最後のバズワードになるんじゃないかと思う。 この様な現象論的根拠をもたないにわか物理学用語をつかったいかにも計算科学的なモデルは、神経科学を知らない一部の機械学習研究者、物理や計算科学を知らない一部の神経科学者(どちらも特にエネクティビスト的な願望がある人)に無駄なインスピレーションを与え、その議論を見ているどれも理解していない哲学者が知覚・行動の本質論だと勘違いして、現象論などと結びつけてしまっている、と私は思う。既に乾先生など大御所先生がコミットしているが、、。 なんとでも解釈できて、適度に難解なものは、本当に罪深い。(最近バズった方の)AIや統計学もその一つ。 人間はおよそ「知る」ことを求めている動物とは言い難い。認知能力は正確さとは全く異なる方向に進化することで適応度を高めている。また、人間以外の動物でも、人間が「解釈」と呼んでいるようなことと殆ど同じことをしているので、特に人間特有のものは見受けられない。人間特有のものがあるとすれば、「人間特有のものがあると信じたい人がいる」という動物といえるわけで、その意味で、とても人間的な対談だと言えるが、私はそんなものとても信じられないので、そっち側にはいたくない。 好奇心や生きる目的を分析的に理解しようとすること自体、野暮ってもの。 好きなものは好き。
385Picks
ネイチャー高額掲載料の衝撃 進む学術誌オープン化
日本経済新聞
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
もはや権威手数料ビジネス化していますね 査読システムがデジタル化と資本主義で崩壊しつつある 確かにarXiv等で殆ど読めますが、有力雑誌での掲載はまだポストについていない研究者の就職に重要な意味を持ちます まあ、結局掲載料払わなければいいのだけれど、頑張って払っている方も結構います レフリー名の公開制度も査読システムの大きな変更ですね。透明性がより高まるとも言えますが、癒着の温床になるとも言えます。 「科学」という人類が生み出した相互信頼システムがほころんでいるようにも思えます。困ったものです。 早崎様 私が少し乱暴な書き方をしてしまい、誤解を招く恐れがある事はご指摘の通りと思います。また、殆どのレフリーが無償で科学文化を守る為に信念を持って査読を引き受けている、そうして来たからこそ信頼システムが保たれて来たのだと思います。 しかし、これまで匿名であった理由もまたあったはずで、公表にはリスクも伴うと思います。 基礎科学の分野ではおよそないかも知れませんが、今後はバイオや情報科学分野など多くの利権が絡む研究が一層増えてくると思います。そうなった時に、献金に類する行動をとる組織が出てくる可能性は否定できないのではないでしょうか。 全く関係ないですが、かつて私が取り組んでいた居合道の世界でも、高段者の段位認定が殆ど癒着が常態化してしまっていたということもありました。 https://newspicks.com/news/3251174/
56Picks
NORMAL