Picks
16フォロー
465フォロワー
インターネット投票導入議論が本格化 政府の有識者対話がスタート
TBS NEWS DIG
浜野 展幸SOMPOインスティチュート・プラス株式会社 企画・公共政策グループ 統括上席研究員
「やっと」という思いがしますが、これは進めるべき政策だと思います。移動手段が不自由など、何らかの事情で投票に行けない方に対して参政の機会を奪っている現状が改善されますし、加えて「投票に行くのが面倒」という方に投票を促すことになりますので、投票率向上が期待されます。また、投票所の設置・人の負担(投票所の監視や開票作業)が減りますので、コスト減も期待できます。 出来ない理由がいくつか挙げられていますが、クリティカルではない・越えられない課題ではないと捉えています。 例えば、本人確認は今でもそれほど厳密ではありませんし、マイナンバーカードを使うことで解消できます。 通信障害やセキュリティの不安は、それこそ何もデジタル化ができなくなります。ただ強化するだけです。 買収や強要は、インターネットで投票するところを、一人ひとり監視されて投票するということですが、そのような非効率なことがどれだけ起こるでしょうか。また、インターネットなので、あとで再投票・上書きできるようにしておけば防ぐことができるでしょう。 「投票所に行く」ということで、じっくり考えて投票するが、インターネットだと熟考しないという意見もありますが、これも再投票・上書きできることで、一定、「考え直す」という行為を促すと思います。
113Picks
NORMAL