Picks
60フォロー
1945フォロワー
APAホテルの経営戦術【ゲスト:元谷外志雄・元谷芙美子】
NewsPicks Studios
中野 香織Kaori Nakano Co.,Ltd.
強烈に面白かった……! まずは会長・社長のご夫婦のハーモニー。底抜けに楽天的で天然なのだけれど実は全方向に好感と信頼感を与えるきめ細かい気配りを怠っていない芙美子社長。堅実で地道な経営の王道をいき、「あたりまえ」のことをやり続けて利益を出し続けているすごい経営者だが、肝心なことはしゃべらず上手にかわす外志雄会長。 いやもう類を見ないようで相性は抜群のパートナーシップだなあと感動すら覚えました。「給料は全部使いきっていいと言われている」とその使い道を解説する芙美子社長の言葉を聞いているときの堀江さんの表情が絶妙です(ここで思っていることは口に出せない……)。 ホテル運営、マーケティングに関しても感心することばかり。これまでの商習慣を破りダイナミック・プライシングをいち早く採用していること。2500円のキャンペーンで結果的に260万人の新会員を獲得し成功させたこと。卵型の浴槽を開発し環境に配慮(経費節約)していること。部屋を明るくするなど、ホテル界の慣習にとらわれない合理的な設計をしていること。などなど。買い取り、提携先にも「やさしい」と歓迎されていることが、事業を伸ばし続ける秘訣でもあるな、とも。 インバウンドの話ついでに出てきたAPAの名前の起源と、結果的にAPAがJAPANのまんなか、という指摘には、笑いを通り越して感心しました。 ユニークなご夫婦共演企画、よかったです。ありがとうございました。
790Picks
観光庁 外国の富裕層誘致 モデル地域の観光戦略を支援へ
NHKニュース
中野 香織Kaori Nakano Co.,Ltd.
高価な宿泊施設、特別優遇される体験などをそろえれば一回の旅行で1000万円以上あっさりとお金を落としてくれる層はそれなりにいて利益は出るでしょう。それはそれでありとして、とはいえ、そこばっかり狙って開発するのは「旧型」ラグジュアリーの発想の枠から出ていないし、なによりも富の格差を派手に見せつけられる観光サービスばかりに注力するのは、品がないように見えます。 新型ラグジュアリーを理解する次世代は、資本の暴力みたいな観光開発をむしろ忌避します。地域と一体になった豊かさ、歴史とつながった未来を感じられる時間に、むしろ興味を覚え、その体験こそを「特別な贅沢」と感じるものです。ニセコの一部ですでに、地元で食材を買って「暮らすように」過ごす若く富裕な外国人観光客を目の当たりにしました。本当の意味で「ここだけの」豊かな体験をしていきたいと願う、このような品のいい観光客に来てもらいたいと思います。そのためのユニークな設備を備えた上質な宿泊施設、交通の導線、透明性の高い環境を、地域と一体になって整備していくほうが、観光客にとっても地元住民にとっても長期的によい恵みをもたらすと思います。 お金をたくさん落としてもらう豪華・特権重視の旧型もありかもしれませんが、それと同時に次世代の価値観を反映した、新型ラグジュアリーを意識した開発をすすめていくほうが、未来の可能性は大きく広がるはずです。
71Picks
世界的なファッションデザイナー、森英恵さん死去…96歳
読売新聞
中野 香織Kaori Nakano Co.,Ltd.
森英恵さんの訃報。戦後日本のファッションを国際的なレベルに高めた大功労者です。足跡のハイライトを記します。 森英恵さんは、1951年、新宿に洋裁店を開くのですが、米軍大尉の夫人が店を訪れた時、採寸のために夫人が脱いだ服を手に取ってショックを受けるのです、「服が丸い」と。 森さんはここで、洋服は立体であることを知り、立体裁断への独学の挑戦を始めます。戦後の日本ファッション史は、「平面から立体へ」という革命から始まったことがわかります。 50年代の日本映画全盛期には、数百本にのぼる映画の衣装を手掛け、ビジネスも好調だったのですが、当時の日本人の盲目的なパリ信仰、それと裏腹になった日本人デザイナー蔑視に失望し、日本を脱出します。 1965年にニューヨーク・コレクションに参加。蝶をモチーフにしたエレガントなドレスが人気を博し、「マダム・バタフライ」と呼ばれて有名になります。 アメリカでの成功を受け、パリコレにも進出。1977年にはアジア人として初めてパリ・オートクチュール組合への加盟が認められます。 パリ信仰、日本蔑視が根強い風土の中で自分を高く評価しない日本にいらだち、日本を脱出しながらも、故郷の島根に根ざす日本らしさをアピールすることによって世界に認められたパイオニア。その功績は、先日亡くなられた一生さんはじめ、続く日本人デザイナーたちに大きな自信を与えることになりました。 ありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます。
139Picks
「なぜ女性服にはポケットがないのか」SNSで話題 ブランドの反応は?
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
中野 香織Kaori Nakano Co.,Ltd.
ジェンダーが問われない時代になって、ようやくポケット問題も解決に向かいそうで喜ばしいかぎりです。 テイラードスーツの世界の話ではありますが、私も10年以上も前から「なぜウィメンズにポケットが少ない?」と怒りを感じ、何人かのテーラー、作り手に聞いたことがあります。結果、「シルエットが崩れることを女性自身がいやがる」という回答を得ました。 で、なぜシルエットが崩れるのか、よくよく調べてみると、そもそも「女性用」とされている生地が、「男性用」とされている生地よりも薄くて柔らかい=シルエットが崩れやすい、のです。 しかも「女性のシルエット」とされているものが、そもそも凸凹やダーツ多め、あるいは「細く見せる」よう体のラインに沿うように作られている(メンズに比べゆとり少な目)ので、ラインが崩れやすいのは当然。 そこで私は、「男性用」とされているしっかりした生地を使って、凸凹を強調しないラインにしたうえで、男性と同じ位置、同じ数でポケットを作ってもらうようにオーダーしました。これはけっこう成功で、内ポケットにはアイフォンが入る深いポケットがあるし、メンズ生地、ゆとりあるメンズラインであればあれこれ入れてもそんなに型崩れはしない。快適です。 だれもがオーダーでスーツを作れるわけではないことは了解しております。既成のスーツにおいても、 ・女性向けという(薄い柔らかい)生地を避け、男性用と同等のしっかりとした生地を使う ・凸凹多め、かつタイトなシルエットから脱する ・思い込みから脱し、ポケットがついていることはジェンダー不問でかっこよく機能的であるという認識をもつ ことで型崩れせず機能的なポケットをつけることが可能になります……というか、メーカーさま、ぜひきちんとつけてください! 思えば、シャネルがスーツの上着にポケットをつけたことは「画期的」だったんですよね・・・。シャネルはわざわざポケットに手を入れて立ち、写真を撮らせていました。
40Picks
ファッションデザイナーの三宅一生さんが死去、84歳…「イッセイミヤケ」世界で評価
読売新聞
NORMAL