ホーム
229フォロー
6837フォロワー
【読書】プロフェッショナルに学ぶ「仕事を面白くする方法」
NewsPicks編集部
マツキ トシノリ電気通信大学 キャリア支援センター 特任准教授
結構、偉大な人物なり、偉大な施設を作ったりということで、結構、一般人とは隔絶された立場だなあ、と思う。自分事として持ってくるには結構大変。 そんな中、記事タイトル(記事の内容と全然違うけど)に沿って、「仕事を面白くする方法」として、ひとつあげられるならば、変化を見出すことかな、と思う。 変化とは、自分が仕事として向き合っているもの・ことの変化だったり、自分自身の変化だったり。向き合っているもの・ことでも定量的なもので変化を測ってみるのがいいと思う。また、プロセスを変えて反応を変えてみることもいいかと思う。これは定性的だけど、プロセスの変化で対象の変化も見出すことはABテストになるわけだし、ゲーム的になりうるものかと思う。 自分自身の変化であれば、定量的に時間の使い方とかそういうもので測ると、変化が見出しやすい。 自分自身が漫然としてもおそらく惰性になるし、つまんなくなるものだし、周りの人もつまんなくなっている環境だと、ひとりだけで前向きになると揶揄されたりもして、やる気もスポイルされがちだけど、内面で一線を画して、変化を楽しめるようになってくれるといいかな、と思う。
507Picks
NORMAL