Picks
216フォロー
6805フォロワー
【秘密】アジア最強ヘッドハンターが見た、高収入と中収入の境目
NewsPicks編集部
マツキ トシノリ電気通信大学 キャリア支援センター 特任准教授(キャリア教育・教育工学)
私も人材紹介経験者で、高い年俸のポジションも扱ったことがありますが(そんなに得意でもなかったし、当時の自分が出せるバリューの範疇になかったのであまり担当しなかった)、実際に、この領域の人材を扱われている方はこういう観点なんだなあ、と思いました。 概ね、具体的な経験内容も、スキルの話もなく難しいことは話されていないです。でも、結構大事なことで、ご自身の哲学的なものって、普段から俯瞰的に大きく考えてないと言葉にはしづらいものです。日常の目の前のことに追われていると欠けてしまうポイントかと。マネジメントポジションについてはユーモア含めたチャーム(キャラともいえるかも)やらも必要なんだろうな、と。 日本でもプロ経営者というのが出てきていますけど、プロ中間管理職みたいな立場も出てこないと、その先の経営者ポジションの候補者のロングリストも作れなくなりそうです。その点、中間管理職は大企業中心にめちゃくちゃ多くいるはずなんですよね。市場に出てこないだけで。そこの流動性が高まる時代にはなっているとは思うのですが。スタートアップの調達もお盛んですし。 あと。 私も外資系にいたりしたし、起業やらスタートアップにもいたこともあって、「ヘッドハンター」会社の方ともキャンディデートとしてお会いしたこともありますが、少なからずは通常の人材紹介領域な面談だったりします。自分も人材紹介経験者なのでわかるし、私自身がそんなヘッドハンター領域の人材とは到底言えないことは自覚もしております。とはいえ、少なからずの世の中の人にとってはヘッドハンターという呼称の方とお会いしただけで、ふわーとなりそうです。「ヘッドハンターから連絡あった」とかぬか喜びするような状態ですと、社会人としては、まだまだなのではないかな、と思いますので、ご注意を。
1430Picks
NORMAL