Picks
1473フォロー
290365フォロワー
一生使える「文字組み」ビギナーズガイド
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
575Picks
【秘録】永守重信を悩ませる「後継者問題」の全経緯
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
438Picks
ファイザーとモデルナ EU向けワクチン価格上げ FT報道
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
CO2排出しない「水素航空機」、空港インフラの整備検討へ
読売新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
274Picks
再生可能エネ普及の切り札「洋上風力」導入促進へエネ庁が一手
ニュースイッチ
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
石油・ガス投資3割急減 再生エネ、初の逆転(写真=ロイター)
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
エアバス、A350貨物型開発へ 25年就航視野
Aviation Wire
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
【Sansan社長✖️北野唯我】22歳だったら、こんな会社は選ばない
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
実際に「年功序列」の会社というのは、どれだけ残っているのだろう?あと、会社の中で色々な業務もあり、個人によって感じ方も違うので、何をもって年功序列というのかは、現実としては具体を捉えないと難しいと思う。 自分自身が年功序列の会社にいたことがないし、それが好きでもないが、だからこそあえて逆の視点で。 ①そこに「若手への投資」はあるか 投資の仕方は色々ある。OJT中心とした業務機会を通して、あとは研修制度やローテーションなど。業務機会が与えられることで伸びていく方や業務もある。一方で、年功序列ではないことによって、どんどん職位・職責も上がれば期待値も増す。 期待値が増していったときに、経験の裾野が広くない、具体が深くない時に、成長が停滞することは少なくない。どういう経験の積み方が良いかは人それぞれ、業務それぞれなので一概ではないが、一定の職位・職責に就いたときに「過少投資だった」となることは、長期成長の阻害要因になったりする。 年功序列に関係なく起こりうることではあるが、本人・周囲の期待値含めて、短期的になりすぎることの長期成長へのリスクは意識したい。 ②世の中、それでも年長者への敬意や作法は重要 結局世の中人間が動かしていて、感情が大きく絡む。今の世の中があるのも先人とは切っても切り離せないので、個人的には年長者への敬意は重要だと思う(もちろん敬意と同意・共感は違う)。 そのなかで、何か世の中でやっていくためには、年長者とどう一緒に仕事をしていくかという作法もスキルとして重要だと思う。個々人のキャラもあるので、それはそれぞれ違ってよいもの。またどうしても苦手な場合は、そこの担当を信頼できるほかの方に任せることも一つの方法。だけど、そういう世の中と自分がどうつきあっていくかを軽視することはあまり合理的ではないと思っている。
428Picks
【週末教養】ビジネスの必須スキル「デザイン」を基礎から学ぶ
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1523Picks
ワクチンのみで抑止困難と行革相 デルタ株拡大、対策徹底を
共同通信
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
個人が出来ることをやる、政府などが出来ることを増やす、正しく恐れる、そのうえで現実の生活を可能な範囲で良くすることが重要だと、個人的には考えている。 出来ることをやるは、マスク・手洗い・うがいだったり、ワクチン。出来ることを増やすは政府などのワクチン確保・増産への働きかけや医療体制の整備。でも、現実の生活のために、正しく恐れることは重要。というわけで、データを見ていく。 デルタ株は、日本で生まれたものではない。コロナウイルス自体も同様で、それでも広がるし、ワクチンも開発された。 なので、世界の状況の把握も重要だと思っている。以下のデータはすべて、Our World in Dataから。 まず世界全体の新規感染ケースは現在は60万人/日ほど。4月末のピークは80万人/日ほど。また昨年12月前後も60-70万人/日ほど。日本は今回ピークを更新しているが世界はそうではない。 https://bit.ly/2V3SpHs 国別での上位国は、米国、インド、ブラジル、インドネシア、イギリス。 インドは5月頭のピーク時には40万人/日近くまでなったが、足元は4万人/日ほどに落ち着いた。米国は8万人弱/日で急増傾向ではあるが、12月前後のピークの15-25万/日より低い水準。イギリスは7月20日に約4.8万人/日となったが、今は2.8万人/日ほどに減少。なおデルタ株が広がる前は2000-3000人/日だった。 https://bit.ly/2V3SPO2 世界・米国・英国・インド・日本の100万人あたりの新規感染者数は、依然英国が一番高いが下落に転じて(410人/100万人・日、デルタ株ピークは約700人)、米国はまだ増加基調(約235人)。日本(約60人)はインド(約30人)を直近超えた。 https://bit.ly/3feaUzC ワクチンの接種率は、Full Vaccinatedが英国56%、米港49%、日本28%、世界14%。インドは7%で一回を含めても26%。 https://bit.ly/2V9j4m6 100万人あたりの死者数は、インドを除くと昨年4月や12月のピークよりだいぶ低い。英国は感染者数は減少に転じたが、死者数は増加基調でタイムラグあり。インドはピークで3人ほどだったが今は1人を切っている。 https://bit.ly/3fg9LYi
412Picks
「空調大国」へ、インド官民始動 ダイキンは一貫生産
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5Picks
NORMAL