Picks
0フォロー
875フォロワー
内橋克人さん死去 人重視の経済に信念 環境、脱原発幅広く取材
神戸新聞
下山 進ノンフィクション作家
内橋克人さんが亡くなった。 内橋さんは神戸新聞の記者としてジャーナリズムの世界に入り、フリーになって夕刊フジに「匠の時代」を連載、それで世に出た。私と仕事をしているころから、単なるジャーナリズムではなく、そこからどうしたら世の中をよくしたいのか、を考え提示する「思想家」の側面も持つようになっていた。  内橋さんと通りを歩いていると、よくサラリーマン風のスーツ姿の中年男性が駆け寄ってきて、「内橋さん。読んでます。頑張ってください」と声をかけてくることがあった。 組織にいたことがあり、組織を取材していた内橋さんは、そういう人たちが、組織の矛盾に苦しみながら、声をあげることができず、しかし、日々まじめに働いていることをよくわかっていた。  駆け寄ってくる人たちは、自分たちがぼんやりと感じていることをはっきりと形にして声をあげてくれる内橋さんに感動していたのだ。  私が内橋さんと知り合ったのは、1994年の秋。1993年6月にコロンビア大のジャーナリズムスクールから帰ってきて、経済の大きな流れを調査報道でやってみたい、そう思って始めた月刊文藝春秋での連載 『規制緩和の悪夢』。最初の2回は下山が執筆者だったので、「編集者黒子たるべし」というデスクの命令で「グループ2001」名で執筆せざるを得なかった。 大きな話題を呼ぶ論文となったが、匿名となっているのは、「きわめていががわしい」、運輸官僚がかかわっているからだ、という批判が竹中平蔵氏らからなされ、ピンチとなっていた時に執筆者として参加して企画を救い、大きな潮流にしてくれたのが内橋克人さんだった。 単行本は「内橋克人とグループ2001」の名前で出し、以来、『不安社会を生きる』『悪夢のサイクル』の単行本を、編集者として伴走した。 文藝春秋を退社することを報告する年賀状に対する内橋さんの返信の寒中見舞い。 < 第3冊目の御高著出版に大いなる期待を寄せつつ待っております> < どうぞお元気で! どこかでヒョッコリお会いできそうな予感に慰められております> はい、内橋先生、今月にはもう5冊目の著書が出ます。 本当に、どこかでヒョッコリ会えればいいなあ。
3Picks
コンテンツのネット配信 NHKに社会実証の検討を要請へ 総務相
NHKニュース
下山 進ノンフィクション作家
テレビの番組は電波塔から放射される中波を、個別の受信機(テレビ受像機)で受信して見るという「放送」でずっとやってきました。 しかし、実は、ばかでかい電波塔を必要とする「放送」ではなく「インターネット 」で配信できたんですね。ブロードバンドが普及した2000年代には。 諸外国は、これにともなって、「放送」と「ネット」の同時配信をだいぶ前に始めていますし、地上波をやめてしまったスイスのような国もあります。 これが日本で進まなかった最大の理由は、新聞社が株をもつキー局、そしてローカル局のネットワークが、ネットで同時配信をされては、ローカル局の経営がたちゆかなくなるからでした。 現在日本のローカル局の番組のうち自主制作率は8パーセント程度。他の時間帯は準キー局やキー局の番組を流して、このネットワーク分配金でローカル局のビジネスはなりたっていたのです。そしてローカル局の社長、役員は、新聞社からの「民」下り先です。 この1950年体制をネットの同時配信は壊す、ということで、民放はやってきませんでした。しかし、nhkがNHKプラスで同時配信を2019年4月に始めた。それをさらに加速させようということなのでしょう。 「放送」から「ネット」への電送路の変換の動きはいくら規制でしばってもとまりません。 まずローカル局が大きな再編の波にあらわれることは必定。
81Picks
呼吸困難でも搬送拒否 都内医師「医療崩壊起きている」
産経ニュース
下山 進ノンフィクション作家
マイケル・ルイスが、コロナ・パンデミックを描いた『最悪の予感』 (中山宥訳、早川書房刊)に、モデルナワクチン開発のきっかけをつくったカーター・メーシャーという医師が伝える「マン渓谷火災の教訓」がある。 1949年にモンタナ州で起こったこの山火事の現場におりたった15人の消防降下隊員の教訓だ。川を背にして退避すれば大丈夫だと考えた隊員たちは逃げ後れる。午後5時45分、火勢があっという間に退路をふさいだのだった。15人のうち13人が焼死したその事故で、生き残った一人は、猛烈な勢いで迫る炎に一分後には追いつかれるというぎりぎりの瞬間、登り切らなければならない前方の丘に向かって新たな火を放った。その火が焼き払った草の中に突進し、炎の本流が両脇を通りすぎていくことで、生き延びた。 山火事における火勢の加速度的な高まりと「エスケープ・ファイア」を、パンデミックにあてはめるとどうなるのか、とカーターはこんな言葉を手帖に書き留める。 (1)感染症より速いスピードで逃げることは不可能。逃げようと思う時点ですぐそこまで迫っている。 (2)大切なものを見極め、それ以外はすべて捨てる。 (3)「エスケープ・ファイア」に相当する何かを見つけ出せ。 今の日本にあてはめれば、(1)はすでに手遅れだ。(2)については、多くの人が「人々の命」と「オリンピック」の選択を思い浮かべるだろう。オリンピックは、デルタ株の加速度的な広がりを考えれば「捨てる」べきだった。 では(3)の「エスケープファイア」に相当するものは何か? パラ中止しかない、というのが私の意見。ワクチンは40代、50代で間に合わなかった。だから緊急自体宣言で人の移動を止めるしかなかったのだが、オリンピックをやっていて、家にいろというのがそもそも無理だった。 事態の緊急性を日本人がもう一度再認識するには、パラ中止をいますぐ宣言すること。そして9月から2週間、学校の開始を遅らせることだ。10代、20代の感染が増え、それが家庭内感染で、40代、50代が重傷化しているというのが、現在のパターン。それをとめるためにも学校の休校は必要。
230Picks
NORMAL
Premiumを無料で体験
登録・ログイン