Picks
47フォロー
18934フォロワー
GojekとTokopedia、180億米ドル規模の合併で統合会社「Goto」設立へ【The Information報道】
BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報
中西 孝樹ナカニシ自動車産業リサーチ 代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
210Picks
【真相】なぜソニーは「EVビジネス」に参入したのか?
NewsPicks編集部
中西 孝樹ナカニシ自動車産業リサーチ 代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
606Picks
【トヨタCTO】戦国時代を前に「王者」が今、語ること
NewsPicks編集部
中西 孝樹ナカニシ自動車産業リサーチ 代表
個人的に最も興味を持ち、待っていたインタビューである。トヨタの中でHEV信者の猛者群を制御し、BEV基盤を粛々と構築していった寺師さんの後を継ぐCTOである前田さんだからこそ。 「実用性、安全性、顧客の求めるもの、未来はまだ見えない、追いつける、中国」というキーワードが目にはいってきた。この回答のトーン自体はいつものトヨタである。前田さんで何が変わるのか、正直、解らなかった。 解説的なポイントを3点。 1.「何もしないのも戦略の一つ」 2011年震災後の六重苦で苦境に立った自国内自動車産業が空洞化の波のに襲われた。これは海外生産移管を次々と決定していく他社に対し、国内生産防衛を旗印に立てたトヨタ自動車の某幹部が私に発した言葉だ。海外生産移管を実現できる能力は有していても、その判断は最後までカードを残し、防衛に全力を尽くす。結果、2012年にはレジームチェンジ、アベノミクスで国内残留組が勝ち組へ。 2.欧米OEMはデジュール戦略、トヨタはディファクト戦略 巨大な自国市場、国家政治力を基に規制やルールを定め、その戦略を推進するのが欧米OEMのデジュール戦略。力のない政治とガラパゴスの自国市場しか持たないとトヨタは世界のユーザーが求める良品廉価でシェアを取るディファクト戦略。常に顧客の求めるものを需要プル型で最もDRQ​(品質・信頼性・耐久性)高く提供するのがトヨタ。政治や謀略には騙されるが、ユーザーは騙さない。 3.BEVのキャズムの溝は深い? BEVにアーリーアダプターの波は確実に来ているし、高級車やコミューターの普及は早そうだ。しかしアーリーマジョリティのBEV購買意欲はそれ程来ていない印象だ。BEVキャズムに対し、早晩、この現実を見ることになるのではないか。実際、中国NEV戦略には実証結果も出ている(供給は拡大できても需要が遅延する)。すなわち、トヨタにはまだ時間が残されているということだろう。 欧米国家戦略が明白化し、たんまり補助金をもらいながらその推進役を果たす欧米OEMの戦略に世界の「欧米人」が拍手喝采している。そこに迎合せよと自虐的国内メディアやポピュリズム政治家が騒ぐ。浅はかな判断ではこの勝負は勝てない。 国内OEMの考えも表面化できるだろう。Hondaは4月23日の新社長就任会見、トヨタは菅政権の骨太の方針が定まる6月以降ではないか。
1258Picks
NORMAL