Picks
38フォロー
3779フォロワー
都の協力金、支払い遅滞…飲食店「倒産してから振り込まれても仕方ない」
読売新聞
菊池 尚代表取締役
18店舗お店を経営してましたが1回目の緊急事態宣言以降売上が急減し、長期化が確実になったことから昨年末より閉店を続け、現在7店舗だけになりました。 今年1月、2月の東京都の時短協力金は開始後早い段階で申請していましたが、未だに振り込まれていません。 4月半ば頃、追加書類の提出について電話が来て質問をしたところ、「答えられないから明日また連絡する」と言われ、その数日後別の人からまた別の追加書類の依頼が来て、その際に「先日別の方から別の書類を依頼されましたがその件は?」 と聞くと、「他に不備はない」と違うことを言われました。 そこから1ヶ月以上経過しましたが未だただ待つだけの状態です。 また、都の時短金申請のサイトの作りもわかりづらく何度も細切れに申請が必要にも関わらず、1つのポータルにまとまっておらず、都度検索して探す必要があります。 神奈川県は全て1つのポータルにまとまっており、とてもわかりやすかったのでなぜ都の時短協力金のページが未だ改善されないのか理解に苦しみます。 昨年より別のビジネスに注力していてそちらが順調なのでまだ良いですが、店舗経営メインにやっていたらこういうことも重なり精神的に結構やられていたと思います。
203Picks
世界全体の感染者1100万人に 新型コロナ、拡大勢い続く
共同通信
菊池 尚代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
手数料ゼロ、銀行業参入……奇策相次ぐキャッシュレス市場。気鋭ベンチャー3社が明かした「2019年はこうなる」
Business Insider Japan
NORMAL