Picks
360フォロー
8346フォロワー
立民代表選「なぜ君」小川淳也氏は党首になれるのか 2位以内で決選投票なら勝機アリ?
日刊ゲンダイDIGITAL
前田 直人朝日新聞社 コンテンツ戦略ディレクター(編集担当補佐)
今回の立憲民主党代表選は、4年前に枝野氏が「排除」された仲間を救うために結成した、いわば「私党」的な性格の政党を、真の「公党」につくり直すプロセスだと思っています。そういう意味からは、まずは世代交代の顔ぶれ4人が競う形がつくれたのは、よかったと思うべきなのでしょう。 しかしながら、4人はそれぞれ未熟なところがあります。枝野氏、前原氏、岡田氏といった歴代野党第一党党首に比べると、90年代初頭からの政党再編の歴史を体験的に知りません。だれが選ばれるにしても、枝野執行部のときは遠巻きに眺めている感じがあった岡田氏、野田氏、中村喜四郎氏ら大ベテランらは、次の執行部で若手を全力で支え、育てていく責務を負っていると思います。 そこでどんな「未熟者」を選ぶかという観点でみたときに、小川氏という人材はおもしろい選択肢です。最終的には、自分の選挙区では元閣僚に対してゼロ票当確で圧勝しましたが、維新候補が立ったことで維新に擁立取り下げを求めて批判され、「大いなる反省です」とあっさり平謝りする姿は、ある意味で新鮮でした。 野党共闘という戦術が敗因のような言い方をする見方が一部にありますが、それは違います。共闘効果があるだろうとみられた選挙区では、予想通り、自民党の大ベテランが敗れています。競り負けたのは、もともとあともう一息のブーストが必要だったところです。立憲民主党の主張は、内輪には伝わっていたかもしれないけれども、マスには伝わっていなかった。そこをオンできる人材はだれなのかをまずは考える必要があるでしょう。 いささかおっちょこちょいなイメージがある小川氏は、いつも眉間にしわを寄せてだれかに怒っているイメージがある立憲民主党にとって得難いキャラクターだと思います。政策・理念は別として、ブースト力という意味では、学ぶべきは維新かもしれません。立憲の党内力学がそれを許すかはわかりませんが、広く有権者が「党首育成」の参加意識がもてるような政党にするには、小川氏という選択は悪くないと感じます。 (※いったん投稿に失敗し、やり直そうとしたらすべて消えてしまったので、もう一回書き直して投稿しました)
32Picks
NORMAL