Picks
10フォロー
19343フォロワー
IST、日本初の民間大型ロケット「DECA」開発を表明--打ち上げコスト10分の1狙う
CNET Japan
土屋 武司東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授
以下,公式ホームページ. https://www.istellartech.com/news/press/6011 思ったことをいくつか. 文科省「革新的将来宇宙輸送システム実現に向けたロードマップ検討会」によると, https://www.mext.go.jp/content/220707-mxt_uchukai01-000023863_2-1.pdf H3ロケット後,「基幹ロケット発展型」と「高頻度往還飛行型」の両方の開発があり,後者は,目標はH3ロケットの1/10以下,民間主導による開発・実証で進めるとある.インターステラテクノロジズはそういった国の政策に沿い,公的な支援を得るために,コスト1/10の再使用型の計画を出したと思われます.これまで最安価な使い捨て型ロケットを開発することを目指してきた方針を転換したようです. 打ち上げコスト「10分の1」というのは,たびたびコメントしてきたように https://newspicks.com/news/3060670?ref=user_2112738 ロケット開発における「死の谷」であり,過去の開発はこれを超えられずにいます.ここで10分の1というのは,単位打ち上げ重量に対するコストです.前述のコメント,インターステラテクノロジズの公式ページにもあるように,H-IIAもイプシロンも1Kgのペイロードを打ち上げるのに100万円以上をかけていますが,これが10万円台と1桁減ると,宇宙ビジネスは次の段階に進みます.そういう意味の「打ち上げコスト10分の1」です. 1段のフェアリングの中に2段目を入れるのですね.それでフェアリングも回収する.面白い. グリッドフィンで空力制御しながら降りてくるのか.Falcon 9と同じですね.このグリッドフィンのマッハ数,気流速度に対する効用を調べないといけない. まずはZEROを上げて見せてください.
70Picks
衛星インターネットサービス「Starlink」が大幅値下げ——光回線や宅内ルーターとも真っ向勝負の値付けに唖然
ITmedia Mobile
NORMAL