ホーム
336フォロー
356フォロワー
慶応義塾長、国立大学の学納金を私立と同じ150万円へ値上げ提言…公平さ訴え
ビジネスジャーナル
横山 椋大京都大学大学院地球環境学舎 第4期Student Picker
京大学生です、端的に言えば反対です。 京大でも、運営費の1割は学費、残りは税金等の運営です。国公立と私学との環境の公平性という主張はわからなくもないですが、学生からの視点では無いなと思います。公平な受験があるので、格差はある程度解消されていますし、私立に比べて国公立の学費の安さによって大学に進学できる学生は少なく無いと思います、私も父子家庭育ちで国公立を優先的に選んだ1人です。 >伊藤塾長は、国立大学と公立・私立大学の文系学部において「学部+修士課程」をセットとする5年制のディプロマコース教育体系を国レベルで系統的に導入することも提案しており、その理由について以下をあげている。 >文系学生の多くが3年生から就職活動に注力し、就職活動が終了すると勉学意欲を失う例が散見される これは正しいんですが、まず就職活動をしないといけないとか、ファーストキャリアが大事だとかいう、日本独特の就活システムを変えろよ、と率直に思います。 私は修士一年ですが、この春に入学して早々就活就活と言われました。なぜ研究や学問に集中できる環境が日本では保証されていないのだ?と怒りを覚えました。
72Picks
NORMAL