Picks
25フォロー
18671フォロワー
米旅客機エンジン部品落下 金属疲労で破損か 国家運輸安全委
NHKニュース
土屋 武司東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授
問題はPratt & Whitney社製のPW4000シリーズ.おそらく,製造後20年は経っているはず.もちろん,3~4年のオーバーホールを含む定期点検は行われています. PW4000について以下を見つけました.引用します. 杉岡進 : "21世紀初頭の民間航空機用ガスタービンエンジン", ターボ機械 24 (1), pp.26-30, 1996. https://www.jstage.jst.go.jp/article/tsj1973/24/1/24_1_26/_pdf 2-1 ホローファンブレード 大推力を得るためバイパス比を大きくとるが、そのため大きな径のファンが必要となる。ところが大きなファンはエンジンの重量が増加する可能性がある。PW4074エンジンでは直径112インチ(2.84メートル)のチタニウム製ファンブレードが使用されているが従来の無垢のブレードと異なり、2枚のチタニウムを拡散接合で張り合わせた中空構造にして強度を持ちつつ約50%の軽量化が計られている。 【追記】FAAも点検せよといっているhollow fan blade(中空ファンブレード)について,同僚,先輩先生に教えてもらいました. Pratt&Whitney特有の製法ではない.上の解説論文にも簡単に説明されているように,背側スキンと腹側スキンを拡散接合して製造する.A320などに搭載されるV2500エンジン(国際的合弁事業インターナショナル・エアロ・エンジンズ製造)や,B747に搭載されたロールス・ロイスのRB211エンジンなどでも用いられている.この拡散接合は平面同士だとそれほど難しくないが,ファンブレードはスパン方向にねじれているので背側面と腹側面は平面ではない.そこで,ロールスロイスでは腹・背・中子の3枚の平板を接合してからねじるそう.中子には切れ目が入っていて,かつマスクを使って部分的に接合するので.捻ることで中子が立ち上がり,ちょうど背・腹の面と直交するようになるそうです.面白いです. 一方,最新のエンジンでは,ファンがCFRP製のものが増えています. 細かいウンチクでした.
41Picks
NORMAL