Picks
83フォロー
2332フォロワー
物価の基調上昇なら、緩和度縮小「考えないといけない」=日銀総裁
Reuters
馬渕 磨理子日本金融経済研究所・代表理事 経済アナリスト
そもそも「緩和的な状況とは、何を基準に考えるのか」です。日銀の想定する日本の潜在成長率は0.5~1%、つまり、だいたい0.7%です。 潜在成長率(0.7%)よりも短期金利が低ければ、緩和的だと言えます。さらに米国のように「中立金利」(潜在成長率+インフレ期)よりも短期金利が低ければ”緩和的な状況”だと言えます。 ※日銀としてはまだ日本の中立金利が何%かは定めることができない(植田総裁会見で言及)としています。 そのため、専門家によって今後の短期金利の予測値ターミナルレートを、潜在成長率を軸にするか、中立金利を軸にするかで0.5~2.5%程度の幅があります。 私自身は、潜在成長率をベースにターミナルレートを0.5%程度だと見積りました。ただし、日本経済が本当に好循環に向かうのならば中立金利の基準を用いて予想のやり方を変更する時期がくるかもしれません。 中立金利や日本の潜在成長率などの、こうした議論ができること自体が日本が転換点を迎えていると感じます。しかし、中小企業の賃上げはまだ進んでいません。まだ、日本経済はリハビリ期間。急ぐ必要はないです。 また、インフレを押さえつける方法は「利上げ」という処方箋でおおよそ答えが出ています。一方で、デフレから脱却する処方箋の方が難しいのではないでしょうか。
43Picks
大予測!2024 年の株価はどうなるのか?
NewsPicks Studios
馬渕 磨理子日本金融経済研究所・代表理事 経済アナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1362Picks
【追悼・山崎 元】「正義の経済評論家」がNewsPicksに語った全記事
NewsPicks編集部
馬渕 磨理子日本金融経済研究所・代表理事 経済アナリスト
昨年、2月に山崎さんにお会いした際に、山崎さんのおすすめの本、山崎さんが今読んでいる書籍を10冊ほど教えていただきました。思想的なもの、生き方に関わるもの、色んなものがあります。行き詰る資本主義社会の根底に問いかける書籍が多い。教えていただいた、エマニュエル・トッド『我々はどこから来て、いまどこのいるか』 に、いま、あらためて目を通していると。山崎さんもこの本の文字を読み、何を感じて、私に紹介してくださったのかと。昨年の事を思い出す。山崎さんが読まれた書籍を読むことを通して、書籍の向こう側で、もう一度山崎さんに会えている気がする。昨晩は涙が止まらず。1秒たりとも大切な時間は戻らないのだと再認識しています。 私は、お仕事では予習を何よりも大事にしていて、山崎さんとのお仕事でも頑張って準備していたら。お気づきになり「予習や準備は不用。むしろ予習が役に立たない。その場で考えながら話すような内容の対談に出来ると面白い」言ってくださいました。「情報のインプットも大事だけど、自分の頭で考えて、そこから何を感じるのかの方が大事だよ」とおっしゃっていただいたように思います。 ーーー NewsPicks編集部さん、素晴らしい宝物のまとめをありがとうございます。
2433Picks
NORMAL