Picks
1534フォロー
289250フォロワー
中国からの電池の正極材料、不当廉売関税を5年延長 - 日本経済新聞
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
物流改革へ異業種タッグ ファミマ×コカ・コーラ、日清食品×JA - 日本経済新聞
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
伊藤忠商事、ビッグモーター買収へ 分割で創業家関与せず
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
336Picks
【直撃】ラクスルが考え抜いた「脱・サラリーマン経営」の真髄
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
成長フェーズに沿って、経営者に求められる素養は変わる。 「スタートアップのスモールIPO問題」がよく話題になるが、そこへの対応の一つの流れだと、自分は捉えている。 日本は良くも悪くも言語・文化的な障壁がある。なので日本でPMFしたものをスムーズに海外展開できている企業(ソフトサービス系)はほとんどない。それが規模の上限になりやすく、スモールIPOの要因の一つ。 そのなかで、買収で国内でホリゾンタルに拡大するか(M&A含め)、海外でM&Aをやっていくか。前者はラクスルやコンパウンドスタートアップを目指しているLayerX、後者はエムスリーが上手くいっている。 このようなフェーズの変化を、起業した創業者(イノベータ)がそこまで含めて上手いというのは奇跡に近いと思う。もちろん、起業してPMF・上場までいくなかでの経験は尊いし、米国のビッグテックの経営者はそういう奇跡の集まり。一方で奇跡だけでなく、成功確率を上げるマーケットプラクティスが増えるのも必要だと思う。 そういったなかで、ポートフォリオマネジメント経験やそれにつながるようなバックグランドの人が持続的成長やM&Aによる成長を牽引する形で経営者を引き継ぎ、スモールIPOで終わらせない、というのが起こっている変化だと思う。 報酬額については、どこの記事か本か忘れたが、「日本の経営者の報酬が安すぎて、だから居座る」といった趣旨のことが書かれていて、その通りだと思ったことがある。 経営者には経験も必要。一方で、心身の体力も重要だし、社会の変化がより大きくなるなかで、それに適応する柔軟性も重要。若ければいいというものでもないが、今後の人生困らないだけの報酬を得ることによって、経験をどういうポジションで活用するのが良いかとかを考えやすくすることは必要だと思う。 ラクスルの報酬については、村上さんの下記のトピックスも是非併せて! 【検証】ラクスル報酬設計は株主総会で承認されるか?(+先日設計考察の答え合わせ) https://newspicks.com/topics/Startup_Finance_Murakami/posts/60 ラクスル新社長の報酬から見る取締役報酬の現在地 https://newspicks.com/topics/Startup_Finance_Murakami/posts/56
187Picks
【直撃】ベネッセMBOの仕掛け人に聞く「日本企業再生論」
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
167Picks
【衝撃】スノーピークが前年比99.9%減益でMBO実施へ
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
99.9%減益・今期予想・MBOの関係、そして開示姿勢について。 99.9%減益は本記事の見出しになったり、SNSなどでも話題になっている。 自分の見方は世の中とは少し違い、むしろ純損失にしなかったことに意味があると見ている。 ①でコメントしたように、業績トレンドは1年以上前から逆回転の兆しがあった。売上成長率がマイナスに転じたのは2023Q1からだが、在庫回転日数では売上ピークだった2022Q3でも増加し、2022Q4に店舗減損したこともその兆候。アパレル・雑貨はブーム後に在庫含めて逆回転しやすく、社外取締役含めた経営者としても認識をしている点だと思う(していなかったら経営として極めてリスキー)。 そして、2023年度の減損は2022年度よりも小さい(8億円→4億円)。また在庫減損もすべき状態に見えるし、した方が利益V字回復もしやすい、がしていない。 さらに2024年度予想も、トレンド厳しく在庫減損していないのに、増収増益という、一種非現実的な数値。②でコメントした点だが、MBOのデューデリでこの数値を使って「実態より強気の予想にせざるを得なかった」のではないか。またもっと弱い数値を出せば、株価的にMBOが非現実的になり、それを避けたかったのではないか。 一方Bainとしては、もっと安く買える可能性をなぜ取らなかったか。MBO後の山井家の持ち分は45%。過半はベインが持ち、また純資産155億円なので、今期予想が達成できなかったら第三者割当とかで2/3以上を握り、グローバル展開した時にもっと価値があるといったシナリオも用意している?Bain→山井家で業績や持分、経営権に対してどういう条項があるかが気になる。 デリケートなタイミングでリスクを取ってまでやったというのが双方にとってポイントになりそう。 最後。本件の開示姿勢は、②でコメントしたが好きではない。説明会の非開催もだし、2/10に受諾したのに2/13決算発表して、MBOは2/20発表。そして権利確定日を過ぎた後の配当取り下げは、決算で売った人などの株主保護に反する。 ①https://newspicks.com/news/9595904 ②https://newspicks.com/news/9608775
549Picks
トヨタ、ハイブリッド車で全方位戦略 1車種に3システム - 日本経済新聞
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
トライアルHD、東証グロース上場へ 売上高10年で倍増
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
米キャピタル・ワン、償却額急増-カードや自動車ローンで返済滞る
Bloomberg.com
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
BYDだけではない中国車メーカーの半導体内製、NIOやGeelyが台頭
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
水道事業、6割が採算割れ 進まぬ老朽・震災対策 - 日本経済新聞
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
タイSCG「日本と脱炭素で共同戦線」 経済安保も追い風 - 日本経済新聞
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
NORMAL