Picks
95フォロー
97フォロワー
トルコで大地震【最新情報】隣国シリアも被害 死者計3700人超
NHKニュース
障害者の給与アップを目指すuFitが売上げを福祉団体に寄付
Forbes JAPAN
小勝 周第3期 News Picks Student Picker /立教大学4年/ さいたまユースサポートネット(学習支援ボランティア)
福祉社会学を学んでいた大学生です。 とても素晴らしい取り組みですし、そのような取り組みを報じるForbes Japanも本当に素晴らしいと思います。 同時に、記事内の「障害者」というワードに漠然とした違和感を感じました。近年、「障害」を抱えている方の「害」は社会が作り出しているものだよね!という考え方から、「障害者」ではなく「障がい者」という言葉を使用する傾向が強まっています。もちろん、「障害者」というワードが適当な場合もあり、いわゆる法律や条文などの公式の文書や医学的な説明の際には「障害者」が使用されます。 今回に関しては、uFit側のwebサイトでは一貫して「障がい者」を使用しています。なので、同取り組みを報じるForbes JapanはuFit側の意思をしっかりと読者に伝えるため、「障害者」ではなく「障がい者」と報じるべきだったのかなーと思ったりします。 もちろん、記者の方の考え方や会社の方針、取材相手の方との合意などもあるかと思うので、なんとも言えませんが、、、 あくまで、一大学生の意見です。 ただ、声を大にして言いたいのは、この良いな取り組み、そして、報じることは間違いなく素晴らしいということです! uFitのwebサイト https://ufit.co.jp/products/ufit-soy-protein-cp
香港行政長官がサウジアラムコの上場誘致へ、初の中東歴訪-報道
Bloomberg
小勝 周第3期 News Picks Student Picker /立教大学4年/ さいたまユースサポートネット(学習支援ボランティア)
香港について勉強している大学生です。 COVID-19の規制緩和や50万枚の無料航空券配布など、afterコロナに向かって動く香港。観光キャンペーンであるhello Hong Kong でJohn Leeは「世界のステージに戻る」と発言していました。まさに、この中東歴訪も「世界のステージに戻る」ためのステップの一つと思われます。 明るいニュース(?)がある一方、2023年2月6日、香港は政治的に非常に重要な日を迎えました。現在、香港では国安法に違反したとして起訴された議員らを含む47人の裁判が開始されています。その中には、香港民主派のアイコンである黄之鋒(Joshua Wong)や雨傘運動の主要メンバーであった香港大学元准教授の戴耀廷(Benny Tai)なども含まれます。彼らの多くは2020年の民主派予備選挙実施を理由に起訴されています。 2019年の香港における大規模な抗議運動、そして、2022年の国安法施行後、香港の現状に関する報道は徐々に姿を消していきました(残念ながら、裁判に関するニュースはNewsPicksを含め、日本のメディアではほとんど報じられていません)。この先、規制緩和などもあり香港に観光しやすくなりますし、明るいニュースもいっぱい増えてくるかと思います。しかし、その裏には止めようのない深刻な政治的状況があることを忘れてはいけない、そのように感じます。
NORMAL