Picks
80フォロー
4966フォロワー
研修医6415人が退職届を提出 うち1630人がストライキ 医学部の定員拡大への反発で 韓国
TBS NEWS DIG
原田 洸総合内科医 医学博士
韓国では2020年に政権が医学部定員の増員を進めた際にも研修医がストライキをおこしていましたが、新型コロナの流行が重なったこともあり途中で業務に戻ることとなりました。今回も同様に、医学部の入学定員の増員に反発し、集団でストライキを起こしています。 背景には韓国の学歴ヒエラルキーが影響しているかもしれません。韓国では特にトップ大学の医学部の合格には試験で好成績を取ることが求められ、医学部の競争は近年加熱しています。既に受験競争を勝ち残って医師になった人たちにとっては、門戸が広がり将来の待遇が悪化する可能性があることから、不満があるのでしょう。 医学部の競争が熾烈になっているのは日本でも同様です。日本でも医学部増員や新設などの動きはあり、医師会はこれに反発してきましたが医師会と研修医や若手医師の繋がりが深いわけではなく、ストライキや辞職をするような事件は起こっていません。 研修医やトレーニング中の若手医師は最前線で働いていることから、病院にとっては重要な人的リソースであり、彼らが辞職すれば機能しなくなる医療機関も多いでしょう。これが全国で同時多発的に起きれば、インフラとしての医療が崩壊する懸念があります。
72Picks
NORMAL