Picks
366フォロー
39183フォロワー
マイナス金利の解除、いよいよカウントダウンに 是非や時期よりも重要なもの
TBS NEWS DIG
辛坊 正記経済評論家
インフレ期待が高まれば消費と投資が伸びて経済が活性化するという説の怪しさは、インフレ期待が高まるにつれ家計が逆に節約モードに入ったことで、かなりはっきりしたような気がします。潜在成長率がせいぜいゼロパーセント台前半に留まる我が国で、2%という過大な目標を掲げて異次元緩和で無理やり起こすインフレは、膨大な借金を抱える政府の財政を楽にすることはあるにせよ、インフレ税を取られる側の庶民を豊かにすることはなさそうに思います。インフレが進みだしたのち、政府の税収が膨らむ傍らで、実質賃金が21ヵ月連続で減少したのも故無きこととは言えません。 2年と期限を切って始めた異次元と言う名の異常な金融政策がずるずると10年以上も続いた結果、日本経済の背後には、金利上昇に耐えられない構図が生まれています。だからといってこのまま続ければ、緩和の出口で受ける衝撃は更に大きくなって行くに違いない。どこかで手をつけなければならない問題である以上、潜在成長率を超える成長率がコロナ禍からの回復過程で続いているうちに手をつけて、次の一手を真剣に工夫すべきであるように感じます。 異次元緩和の出口に手を付ければこれまでの歪が表面に出て成長率が落ちるのはたぶん必定です。岸田総理は、日本は未だデフレを脱却していないと主張して日銀を牽制していらっしゃるようですし、火中の栗を拾われた日銀総裁は大変そう (・・;
60Picks
岸田首相“デフレ戻る見込みないと言えず”日銀総裁の発言受け
NHKニュース
辛坊 正記経済評論家
政府が国債を発行して財政を拡張し、日銀が実質的にそれを引き受けて金利を低く抑える政策は、日本が低インフレである限り問題が表面化することはありません。そのかわり、この組み合わせを長く続ければ続けるほど政府の債務が膨れ、日銀が持つ低金利国債が膨れ、家計の変動金利ローンが膨れ、長期運転資金や設備投資資金に充てる企業の”転がし貸金“が膨らむなどして灰色のサイが大きく育ち、金利を引き上げた時のネガティブインパクトが拡大します。今の我が国は、異次元緩和を続ければ続けるほど出口で起きる問題が大きくなり続け、出口を探れば直ぐにも灰色のサイが暴れ出しかねない状況です。 政府と日銀を一緒にすれば国債は消える、国民からだけ借金している政府は破綻しない、国債をどんどん発行して財政支出を拡大してインフレになったら増税して抑えれば良いといった話が通るなら、政府はもとから税金なぞ集めず、全て国債で賄って国を動かしていけばよいのです。しかし残念ながら、無から有を生む魔法の杖、フリーランチは人の世にはありません。日銀が異次元緩和で支える間に故安倍総理の第三の矢、成長戦略を徹底的に追及して潜在成長率を高める責任が政府にはあったのに、政治的にしんどいその部分は曖昧にして捨て置いて、デフレを口実に低成長の責任を日銀に押し付け、政府はひたすら財政拡張に走ったように感じないでもありません。 選挙の洗礼を受ける民主主義国の政府はそれでなくとも財政支出の拡大に傾きがちなのに、増税メガネと呼ばれて支持率の低下に苦しむ岸田総理は、異次元緩和を止めて財政支出に制約が掛かることなど決してしたくはない筈です。デフレの恐怖を煽って異次元緩和を続けさせ、財政拡張を続けたい気持ちは分かるような気がします。コロナ禍からの反動増が剥落して低成長に戻ったら、金融を正常化した日銀に責任を押し付けることも可能ですからね。とはいえこんな形で日銀に圧力を掛けて良いものか・・・  異次元緩和を放置してインフレが昂進すれば日銀が責め立てられるのは必定ですし、金融政策を正常化して日本経済が潜在成長率程度の成長に戻ったら、即ちゼロパーセント台前半を挟んで行ったり来たりの低成長に戻ったら、これまた日銀が責められる。そうなるだろうことは粗方分かっていたことではありますが、火中の栗を拾われた植田総裁は大変そう (・・;
24Picks
輝き失う円キャリー取引、不透明な方向性-日銀委員発言で警戒感
Bloomberg
辛坊 正記経済評論家
金利の高い通貨の先物予約相場が金利差の分だけ安くなるインタレストパリティ―は、どの通貨にも一様に働きます。だから、金利の低い円を売って金利の高いドルを買って先物予約で為替変動リスクをカバーすると、金利差益の分だけ為替差損が出て、結局は円でそのまま運用するのと変わらないのが通例です。 低金利の円を借りて高金利のドルを買って為替予約をせずにドルで運用して金利差益を得るキャリー取引は、金利差以上の円高ドル安にならならなければ儲かりますが、何かの原因で円高が足元の金利差以上に進めば損します。日本の金利が上がらず米国の金利が上がるとドル高になる可能性が高いですから、これは金利差が開くことに掛ける、あるいは金利差が縮まらないことに賭ける取引と見ることも出来そうです。期近で円を対価にドルの先物を買い、期遠で円を買い戻してドルを売る予約をする先先スワップも、金利差が更に開けばそこで手仕舞って儲けることが出来ますが、金利差が縮めば損をする取引です。日銀は将来に亘って緩和姿勢を続ける、つまり低金利を長く続けると言い続けて来ましたし、インフレ抑制に熱心な欧米の中央銀行が引き締めの手を緩める可能性も低かったので、巷にはこうした取引が溢れていることでしょう。こうした投機的な取引は、金利差が縮むとなれば確実に損が出ますから、金融政策に対する見方が変われば一斉に巻き戻しが起きても不思議ではありません。「ネガティブショックが起きた場合、かなり激しい巻き戻しとなる可能性がある。円下落を見込んだポジションが多いためだ」とある所以です。 日本人が海外に出て感じる物価と外国人が日本に来て感じる物価が同じ程度になるドル円相場(≒購買力平価)は90円台から110円台くらいの間というのが通り相場です。実際、ドル円は長い間、その水準にありました。実際の為替レートと比べ購買力平価が高いため、自国の物価が安く、外国の物価が高くなるのは、発展途上国に多く見られる現象です。いまの日本は明らかに”途上国“に転落した状態ですが、果たして円の価値を先進国並みに戻すことはできるのか。今となっては難しそうに感じるところが残念です (*_*;
90Picks
安倍派・松野前官房長官 キックバックの現金845万円を議員会館事務所で保管
TBS NEWS DIG
イーロン・マスク氏「日本は消えてなくなる」X投稿再び--過去最低の出生数を受け
CNET Japan
辛坊 正記経済評論家
人口減も然ることながら、1990年のドルベースのGDPを100としてこれまでの動きを追うと、中国の45倍はともかく、韓国は6倍、米国は4倍、イギリス、ドイツ、フランス等欧州の諸国も3倍近くになっています。片や我が国は僅か1.3倍で、殆ど増えていないのです。国民の経済的な豊かさそのものである一人当たりGDPも、1990年から2000年頃まで維持し続けた世界で3~4位の地位が今では34位にまでおち、アジアの中でもシンガポールと香港に完全に抜かれたのみならず、日本のすぐ下の35位に韓国がつけ、台湾も迫っています。 人口が減れば一人当たりの労働装備率が高まるので豊かさはそれなりに維持されていい筈ですが、日本企業が日本を離れて生産する傾向を強めるなかで、政府が1兆2千億円もの税金、つまり日本国民の所得の一部を与えて呼び込んだTSMCは別にして、日本に進出して日本で設備投資なり研究開発なりを本格的に始める外国企業は皆無に等しいのが現況です。 最近のカーシェアリングの動き一つをとっても明らかですが、今の日本の規制環境、小さな既得権益をそれぞれに守って変化を嫌う国民性とそれに阿る政治の動きまで含めた極めて広い意味での規制環境が変わらぬ限り、日本の衰退は止まらぬような気がします。日本が衰退すれば子を産む意欲も落ちて来る。「もし何も変わらなければ、日本は消滅するだろう」と言いぶりは辛辣ですが、無視できない警鐘ではありそうな・・・。
335Picks
岸田首相、政治資金パーティー「在任中はやらない」 政倫審
毎日新聞
辛坊 正記経済評論家
「首相在任中は自身の政治資金パーティーを開催しない考えを明らかにした」 (@@。 政倫審を公開して国民に謝って、自身の首相在任中はやらないと決めただけでは、本質的な問題の解決になりません。国民一人当たり250円、総額300億円ものカネを税金として集めて政党に配りながら、巨額の負担をする国民に目を向けず、パーティー券を買い政治献金もしてくれる企業にばかり目を向けることを許す政治資金規正法の穴を埋めることこそが重要です。 しかしそれは野党にとっても都合の悪いことなので、政倫審を巡って侃々諤々の議論を戦わせ、野党は大物議員と首相を引っ張りだしたことを手柄にし、与党は首相が出張って遺憾の意を表明して若干の不利益を甘受する形をとって、本質的な問題は蓋をしたまま終わりとは・・・ ライドシェア導入と華々しく打ち上げ乍ら、結局はタクシー事業者の運転手不足を補うだけに留まって、世界のライドシェアとは似ても似つかぬもの、というより、どこにもライドシェアの要素が入らず終わった最近の事例もこうした構図の産物でしょう。パーティー券を買うなどしてくれるタクシー会社への配慮ばかりが先に立ち、一人当たり250円を負担する国民の利便性にはこれっぽっちも配慮してないわけですからね。この国の政治そのものが終わっているような気がしませんか・・・ (*_*)
83Picks
物価目標の実現、ようやく見通せる状況になってきた=高田日銀委員
Reuters
辛坊 正記経済評論家
リフレ派の片岡剛士氏の後任として審議委員になられたのが高田創氏でした。審議委員になられる遥か前、2017年の対談で「(金利が)永遠のゼロなら悲劇的」と発言なさったりしていますから、利上げの環境が整えば出口に向かうべきとの気持ちを比較的強くお持ちの方じゃないかと感じています。 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO13902000Q7A310C1M10800/ とはいえインフレ率が既に3%台後半に達していた就任直後のインタビューで「2%の物価目標を持続的・安定的に達成できる状況にない」、「大規模な金融緩和を粘り強く続ける必要がある」との考えを示されたとのことなので、バリバリのタカ派でいらっしゃるわけでもなさそうです。 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB092CT0Z01C22A2000000/ その高田審議委員が「2%物価目標実現がようやく見通せる状況になってきた」と言明されたわけですね。 賃金上昇を伴う好循環が起きていないから日本は未だインフレじゃないと日銀は主張していますけど、政府が昨年9月時点で6兆円、今年4月にはおそらく10兆円に達するだろう巨額の税金を投入して物価を抑えなければ、日本のインフレ率は今も実態的に3%を超えていて、もう2年に亘って2%を大きく超え続けているのです。なかでも食料は今年1月時点でなお前年比5.7%も上がっており、エンゲル係数の高い所得の低い層にとっては大打撃。 物価に責任を負う、言い換えれば通貨の価値に責任を負う中央銀行として「機動的かつ柔軟な対応に向けた検討も必要だ」というのは至極当たり前のこのであるように思います。
147Picks
15年ぶり 衆院・政治倫理審査会きょう・あす開催 現職総理の審査は初
TBS NEWS DIG
辛坊 正記経済評論家
国政調査権に基づいて強制的に出頭が命じられ、嘘を突いたら偽証罪に問われる証人喚問と違い、政治倫理審査会は「審査を申し出ました」とある通り、批判を浴びた議員に弁明の機会を与える場に過ぎず、嘘をついても刑事罰に問われることはありません。 予算を人質に取って攻めた野党は当初は2人だった申し出者を「安倍派と二階派の幹部5人」に加え総理まで引っ張り出すこと成功し、非公開だったものを全面公開させることにも成功したわけですし、与党の側も、公開の場で総理まで参加して説明責任を果たす姿勢を示した形です。これですべてが終われば、国会議員が税金の掛からぬカネを自由に弄ぶ政治資金規正法の穴は殆ど埋まらずに終わるでしょう。政治倫理審査会を巡る一連の綱引きは、与野党双方にとって都合の悪い政治資金を巡る問題から国民の目を逸らし、政治決着を図るための一種の出来レースと感じないでもないですね・・・ ( 一一)  なによりも先に手を付けて欲しいのは、国民一人当たり250円、総額300億円もの政党交付金を国民から税金として召し上げて受け取りながら企業献金をあの手この手でかき集め、裏金作りまで可能にする政治資金規正法の穴を埋める手立てを正面から議論することなんですが、政治倫理審査会という弁明の場でそれができるとは思えません。なんだかなぁ (*_*;
110Picks
政倫審が甘い“ワケ” 作った人に聞いてみた
TBS NEWS DIG
辛坊 正記経済評論家
「野党の方から~~『政治倫理協議会の事務をやってる僕らのところに、様々などうやって骨抜きにするかという話が来て…』」 (@@。 設立の経緯からして、政治家に釈明の機会を与え、与野党が “世論”を納得させるための道具に過ぎないのが政倫審。非公開で「厳しい規則は設けられず」、証人喚問と違って嘘をついても刑事罰を課されることがありません。だから、政倫審で厳しく問い詰めたからいいでしょ、という形で世論を納得させる以外に大した使い道はないのです。 今回の問題で真に解決すべきは、余りに多くの抜け穴が政治資金規正法に儲けられ、議員になれば税金の掛からぬカネが受け取り放題、使い放題になっているところにあるのです。政治献金にしてもパーティー券の販売代金にしても、政治団体間で様々に付け替えて、政策活動費となったら領収書も要らぬ闇の中。でも、この問題には与党も野党も手をつけたくはないでしょう。  そこで登場するのが政倫審。予算を人質に取って何人出席させるかで”激論“を繰り返し、公開か非公開化で更に”激論“を重ね、与野党が競ってこれだけ真剣に議論しているとのポーズを取ってみせるわけ。最後は、出席者をここまで増やし内容をここまで明らかにしたから国民の皆さんも納得してね、という次第。 もしトラが現実になったら国をどう守るかといった問題をはじめ、国の存亡にかかわる大きな課題が世界中で議論されるいま、国会がこんな体たらくで日本の未来は大丈夫 (・・?
26Picks
日銀政策は「正常化すべき時」、財政への忖度不要-吉川東大名誉教授
Bloomberg.com
辛坊 正記経済評論家
「元々格差が大きい中でエンゲル係数が上がった。分配上の悪い影響がはっきりとあった」とありますが、インフレの弊害は分配を歪めることで、だからこそ、物価はゼロパーセント近傍で安定しているのが一番良いとされ続けて来たのです。2%というインフレ目標にしても、たとえば家電製品の機能が2倍になれば値段が同じでも価格が半分に下がったと見做されるなど、統計の性格からインフレ率は低く出るので2%くらいが実態的にゼロ、といった主張があったほど。その家電製品すら価格が大きく値上がりし、エンゲル係数に直接響く食料はいまなお前年比5%以上も上がり続けているのです。日本が定義上インフレ状態にあるのは確かでしょう。 賃金と物価の好循環と言いますが、生産性が上がらぬ中でインフレが続いたら、賃金と物価の綾で一時的に実質賃金銀が上がる局面はあるにせよ、実質賃金は中長期的に見て良くて横這い、悪くすれば下がり続けることになりそうに思います。インフレが続いて分配が更に歪めば「格差が大きい中でエンゲル係数が上がる」、つまり所得の低い人ほど生活が苦しくなる現象も続きます。そういう意味で「日銀が目指す賃金と物価の好循環に関しては、言わんとすることは理解するが、われわれにとって幸福なのかは分からない」というのもその通りだろう感じます。 長く続いた金融緩和と財政拡張の結果、日本政府は1200兆円に上る巨額の借金を抱え、日銀自身も600兆円の低利国債を抱え、低利の変動金利ローンでバブル的に高騰した住宅を買った家計や短期の転がし貸金で長期運転資金と設備投資を賄う企業が巷に溢れています。「金融政策が財政に与える影響を考慮したり、忖度すべきではない」とありますが、仮に財政に与える影響への忖度はせぬにせよ、金利の上昇がこうした『灰色のサイ』を暴れ出せる可能性には配慮せざるを得ないはず。 記事等々で拝見する限り、吉川先生はこうしたリスクを招く異次元緩和に当初から批判の目を向けられていらっしゃったように思います。たとえ灰色のサイが暴れだすことがあるにせよ、これ以上大きく育たぬ前に暴れさせる方が良いといったところでしょうか・・・ (・・;ウーン
26Picks
NORMAL