Picks
1490フォロー
290265フォロワー
高級自動車ポールスター米上場へ 評価額2兆円、EVに投資
共同通信
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【完全図解】SaaSの「第3世代」を知っていますか?
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
660Picks
スタンフォード発「防災AI」が日本市場に本格進出か
NewsPicks編集部
【3分解説】メルケル与党の敗北で「EU」はこう変わる
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
226Picks
【猪瀬直樹】総裁選から「抜け落ちている」こと
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
ソーラーについて、日本は技術があったものの、ゲームで負けたと思っている。 記事にソーラーやEVの話が出ている。EVは現在進行形でまだ分からないが、ソーラーについては技術も蓄積量も、日本は時間をかけて育ててきた。ただ2000年代半ばにドイツがFITをやり始めた頃から、資本・規模の戦いとなった。その時に、日本では変換効率などの技術の話が中心で、どれだけ安く大量に作るかにシフトできなかった。最初はドイツのQcellsなどが伸び、その後は中国勢が一気にシェアを取った。ドイツも、確か補助金や電力の賦課金額が国内ではなく中国に行ってどうなのかという議論もあった。でも、再エネをやるという方向と、コストの現実が、国内産業振興を上回った。 EVも技術先行したが、今はルールメイキングでは劣勢。下記のIEAのEVがCO2で有利というレポートなどはそういう「雰囲気の醸成」では劣勢であることを示唆している。 一方、そこでもコメントしたが、アメリカのどの州でもTeslaがトップモデルに入っていないことや、自動車自体の新興国含めた中古利用などで、電池寿命も一定あるなかで、内燃と比べて良いのかといった現実もある。 https://newspicks.com/news/6216992 自分などはそっちの「今見える現実」に引っ張られがち。だけど、先日の森川さんとAkiさんの下記対談記事の「ナラティブ」という言葉は重いと思う。 「やらないといけない」というナラティブがあれば、反対はできず、何らかのアクションが現実性を問わずに起こる。やらないといけないから注目・カネ・ヒトが集まる。集まるからそのなかには詐欺的なものもある(既にEVなどは詐欺的なものが一定ある)。それでも金が集まるから動き、現在は想定されていなかったものが生まれる。過去そうやってイノベーションが起こってきた。 自然科学現象なので、SNSの普及などとは違う。だから原理原則はより重要だと思っている。一方で、液晶は大型化が難しく反応速度が遅いと言われながら、大量に資源投資されてプラズマは淘汰された。またソーラーパネルや電池は、注目・カネが集まったことで、実際に10年、20年前には考えられなかった特性とコストになっている。 https://newspicks.com/news/6211790
282Picks
中国のオタク文化
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
自国に規制、海外志向強く
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
中国ゲーム、オタク聖地を席巻
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
株主総会の議決権、信託銀経ず行使 来月から慣習見直し
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
躍動しない国内機関投資家 海外増資が続く理由
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
軸なしステア・バイ・ワイヤ量産目前 トヨタ系先陣、追う独大手
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5Picks
NORMAL