Picks
80フォロー
18821フォロワー
米バイデン大統領 施政方針演説 主な内容
NHKニュース
前嶋 和弘上智大学 総合グローバル学部教授(現代アメリカ政治外交)
まとまった演説でした。総花的でしたが、大きな失敗もサプライズもなし。 就任100日直前でこれまでのPR(新型コロナウイルス対応など)と議会への支援要請(インフラ整備、子育て支援・学費支援などの「ファミリープラン」)。 通常は600人強を入れる議場に、コロナ対応で200人程度に絞ったため、演説と拍手の応酬の機会も例年よりも限られていました。その分、1時間5分が中身があった感じ。やはり下院議長も上院議長(副大統領)も女性という史上初めてのシーンは印象的。 隠れテーマは「民主主義」。独裁との対比で、民主主義陣営を引っ張るアメリカの優位性を強調。中国をかなり意識し、中国を何度も言及。 最初に「firstlady and her husband 」と言い間違い(まるで「つかみ」のような冗談かと思いました)。その後は問題なし。民主主義の優位性や教育の重要性などをかかっていく終わりの部分に向けて、スイッチが入っていた演説。 演説全体として超党派の呼びかけが目立っていました。昨年の一般教書演説のペロシ議長の演説破りや、ラッシュ・リンボウへの勲章授与という衝撃が嘘のよう。対立党議員からの拍手は例年通りほとんどないのですが、気候変動のところで共和党議員も何人か立ち上がり拍手していたのは印象的。 共和党側のスコット上院議員の反論演説は「バイデン演説は国民を分断させる」とは指摘しているものの、例年の対立の煽りのような印象まではなし。スコット議員は、トランプ政権の「ワープスピード作戦」でワクチン接種が進んだ点や、共和党側も昨年の超党派の協力でコロナ対策も進んだことも当然主張。 個人的には、かつての「民主主義の兵器庫(arsenal of democracy)」のように「ワクチンの兵器庫( arsenal of vaccine)」という言葉が印象的。積極的なワクチン外交で世界を支えるというメッセージ。 また、アフガン撤退を宣言する部分でミリー 統合参謀本部議長は議員の多くがスタンディングオベーションの中、もちろん立ち上がらず、(画面では遠目でわかりにくかったですが)拍手もしなかったのは立場上、当然かもしれません。  「インフラ投資案はアメリカ再生するためのブルーカラーに焦点を当てた設計図(ブループリント) 」という部分もブルーカラーの家庭で育ったバイデンが言うと説得的。
413Picks
NORMAL