Picks
115フォロー
26785フォロワー
エチオピア北部戦闘 ノーベル平和賞のアビー首相、強硬
日本経済新聞
梅本 優香里アフリカビジネスパートナーズ
この件で、民族と政治の関係を明確に書いた記事はいまだみないですね。民族が原因で対立するのではなく、民族で勢力が分かれているのだという実態を説明しないといけません。そうでないと、多民族国家というものがイメージがつかない日本の人は、「民族が多いと対立して大変なんだなー。日本は民族数が少なくてよかったな」と対岸の火事だと思って終わりでしょう。 ノーベル平和賞については、そもそも現役の政治家に出すのは問題が多すぎる。私は就任直後のアビー首相に授けたノーベル平和賞がむしろ国内のパワーバランスに悪い影響を与え、今回の事態を後押ししたと思っています。 ビジネスに関する最後のパラグラフについては、 ・エチオピアのGDPの2桁成長をもたらした産業は公共工事・インフラでは。繊維はそこまで大きな産業ではない ・ティグレイ州には、4つの縫製工場がありうち1つがH&M系の工場だが、もともと本格操業する前の一部開始だったので、影響は想定内の範囲だろう。縫製工場が主として立地しているのはアディスアベバとハワサで(H&Mはそちらでも製造している)、ティグレイからは800km以上離れている。 参考)エチオピアの工業団地の一覧 https://abp.co.jp/perspectives/business/EthiopiaIndustrialZone_2019.html >エチオピアは繊維産業などを柱に2ケタ成長を続けたが、政情不安は悲願の中所得国への脱皮を遅らせかねない。スウェーデンのアパレル大手ヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)に供給する州内の縫製工場が操業を止めたと伝えられた。
2Picks
【緊急独白】DMM亀山会長が語る、光本勇介氏との「1年間」
NewsPicks編集部
梅本 優香里アフリカビジネスパートナーズ
スタートアップ投資が、ピボットも前提にした起業家・経営者への投資だとはよく言われることですが、もう少し、市場の成長性や事業モデルを見たほうがいいのではと思うことが多い。CASHの事業に関しては、記事にある売り買いの差分でなくそれ以外から利益を生み出すというアイディアだったと思うが、ビジネスモデルの脆弱性は当初からさんざん言われていたのだから、買収前にDDをして充分判断がついたのではないかなと思う。それを霞ませるほどの男気を感じたということだろうが、正直なところ、ふつう人は、他人を見抜く力より、市場や事業モデルを見る力の方が強い。他人の人間性など認識でしかなく、さらに狭い業界での評判や人間関係、自分の前での振る舞いといった、あてにならない情報でどうしても色をつけてしまうものですし。 アフリカのスタートアップを見ていると、どうやっても利益がでないビジネスモデル、公的に見せる姿とは違い実は事業にやる気がない創業者みたいなのをみることがあり、こんな企業に投資などとんでもないと思うのですが、どこか、それも社会的投資の文脈も入れられるアフリカのスタートアップに投資したという実績が欲しい投資側や国際機関、ファンドといった人たちがわかっていながら投資をしたりするので、どんどんお金が集まったりするんですよね。本当にリターンやストラテジックな関係を作りたい企業は、やはりちゃんと、市場と事業モデルを見ることをお勧めします。
1073Picks
NORMAL