Picks
10フォロー
766フォロワー
障がいとは何か。2020年大会に向けて、取り組むべき課題
NewsPicks編集部
川島 薫楽天ソシオビジネス株式会社 代表取締役社長
とても共感できますね。 健常者にもできる事、できない事があるように「障害者」という事だけで特別視されることが多く、やりたい事もやる機会を失い、もっともっと頑張れる事も頑張れる機会がなくなってしまう。ここに健常者と障害者の壁があるように感じます。 例えば友人が骨折をした場合、周囲の人は困っているところをサポートすると思います。利き手を骨折したら手を使う場面で困っていたら助ける。 足を骨折していたら、階段など移動の部分などで困っていたら助ける。 しかしながら、「障害者」の場合、困っていると言っていないのにすべての場面において制限をされてしまう。 この問題は「障害者」という言葉をなくしたら解決する事ではなく、記事の中にもあるよう日常の中で障害者と関わる時間が増えることによって、障害者に対しての差別、偏見がなくなるのではないかと思います。 障害者も社会の戦力となり活躍できる人は多いです。もっともっと障害者の可能性を広げる取り組みをして頂きたいと感じます。 現在行われているパラリンピックも、障害者が頑張っているから凄いではなく一つの競技として、一人のアスリートとしての活躍を応援して欲しいと思います。 「多様性と調和」をビジョンに掲げるのであれば、せめて開会式くらいはオリパラ合同でして欲しいと感じました。 次回以降のオリパラに期待したいものです。
78Picks
NORMAL