Picks
1439フォロー
290623フォロワー
信越化学、1300億円投じ米に新工場 住宅・インフラ活況
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
塩ビ、さらに増産か。営業利益も、最近はウエハが上回っているが、例えば2017年度は塩ビ・化成品が上回っている。 ただ2018年にシェールベースの工場を建設し、完工は2021年末となっていた(①は当時のPick、②は会社リリース)。当時、原油価格は60-80ドルあたりで、シェールを取り巻く状況も環境懸念など変わっている。こちらと併せてどうしていくのだろう? 長期の変遷としては、中興の祖の代表取締役会長の金川氏が塩ビパイプメーカーのRobintechと信越の合弁のシンテックを立ち上げ拡大した。そして塩ビの原料であるエチレンについてDowから供給を受けていたものを自社工場を作り内製化(③、2015年)。内製する分、固定費は増えるが、自社で販売しきることができれば、取り込み価値は大きい。 このような販売力や、塩ビではなくウエハの話だが、④でコメントした長期契約など、技術だけでなく営業の強さ(顧客との関係性、安定供給、そして価格へのポリシー・判断など)もものすごく強い企業。 一般には旭化成や東レ、三菱ケミカルなどのほうが知られていると思うが、日本の化学企業で時価総額では圧倒的で8兆円。花王(3.6兆円)、富士フイルム(3.2兆円)も化学領域多く化学メーカーでは信越に続き、その次が塗料の日本ペイント(3.1兆円)、ようやく旭化成が1.6兆円で、次は偏光板などで有名な日東電工1.5兆円。ようやく東レが1.2兆円でそこに続く形。 ①https://newspicks.com/news/3194883 ②https://bit.ly/36fqu9z ③https://bit.ly/2NG1FNR ④https://newspicks.com/news/5565539
70Picks
現代自、顧客企業ごとにEV設計 デザインや性能柔軟に
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
ハイブリッド車偏重で失う日本の「産業競争力」
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
コロナ変異、広がる脅威 世界の感染者1億人
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
SHOWROOM前田社長が放つ、「プロ」の短尺動画
東洋経済オンライン
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
グーグルのAI、厄介な経営問題に
The Wall Street Journal
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
EV電池生産に群がる米企業、中国の牙城切り崩しへ
The Wall Street Journal
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
米スタバのブルーワーCOO、大手ドラッグストアの新CEOに
The Wall Street Journal
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5Picks
コロナ感染、世界1億人 急拡大、2カ月半で倍増
共同通信
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
233Picks
【Q&A】男性も理解すべき、「妊娠とテクノロジー」の話 
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
417Picks
【三井住友信託】トップ人事で火が点いた「内部抗争」の全貌
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
住友信託と中央三井信託が統合し、三井住友トラスト(銀行は三井住友信託)ができたのは2011年。例えばみずほは2000年、三井住友は2001年発足(途中で法人格関連で色々なものがあるが、下記の全銀リストをもとに実態として主要行が合併したタイミングを基とした)。つまり三井住友信託は統合タイミングは10年遅れ。 その観点でSMBCが2017年にたすきがけ人事を廃止したのは、統合タイミングから考えるともっと時間をかけている。以前興銀出身の尊敬する先輩が「統合後に新卒で入ったメンバーが大部分を占めてくるようになるまではなかなか統合というのは難しいのではないか」と統合数年後に話していたことを思い出す。社会全般のガバナンスへの要求が高まっている一方、やはり長期にわたって人事文化がある組織で、統合して、文化を変えていくことは、現実論としてのポジション・ヘゲモニーをめぐる争いでもあって極めて難解だし、利害が絡む。だからこそ取締役会の役割も極めて重要になるし、規制産業である金融については当局も重要。 SMTH・SMTBの具体などは全く分からないが、金融機関の常識と世の中が求めていることの違いなどは改めて感じさせる。それぞれの合理性が結果としてはあまりよくない形の合成の誤謬として出てきているように思う。 https://www.zenginkyo.or.jp/article/tag-h/7454/
219Picks
NORMAL