Picks
0フォロー
1033フォロワー
医師の3人に1人が利用。急成長の医療プラットフォーム「HOKUTO」が描く勝ち筋
守屋 実新規事業家 専攻:新規事業
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
324Picks
あえてシニア向けを謳わない「ミライスピーカー」の戦略とは
AdverTimes
守屋 実新規事業家 専攻:新規事業
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
【お年玉企画】一年の抱負を「書き初め」して新年を始めよう
NewsPicks編集部
守屋 実新規事業家 専攻:新規事業
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
281Picks
50以上の事業を作った【超実戦・新規事業立ち上げノウハウ】
NewsPicks Studios
守屋 実新規事業家 専攻:新規事業
メッセージは、ひたすら、「事業を成功させるためには、実際に事業を手掛けよう!」ってなことを言っています。ww 人は、最初からダメな人も最初からできる人も、どっちもいないと思っている。 出来る人がなんで出来るのかと言ったら、それはやったから。やればやるほど、1歩目が出れば2歩目が出て、2歩目が出れば3歩目が出る。だから、やった人はやれるようになる。 でも、やらない人は、昨日も今日も、そしてたぶん明日もやらない。これは、プラスマイナスゼロ、ではない。やらなかった段階で、そこに留まるということが身についている。 だから、やった人はドンドンやるようになり、やらなかった人はドンドン動けなくなる。10回やらなかった人は、1回やらなかった人よりも、盤石にやらないのである。 我々は、やる人でいたいのか、やらない人でいたいのか。 どっちだろか? ということで、「理論や理屈を勉強」ではなく、「事業開発の体験を追体験」ということに重きを置いて話させていただきました。 構想は生まれることを待ち望んでいる。 だから、それを生まないのは勿体ない。 自分の手掛けた事業で世の中が変わったら、一生モノの宝となる。 ぜひ、ご覧くださいませっ!
847Picks
NORMAL