Picks
1515フォロー
290019フォロワー
ファミマ、ロボットで飲料補充 店員の作業時間2割削減
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
テスラに挑む中国メーカー、新エネ車で急成長
The Wall Street Journal
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
How Facebook helped Axios sell for $500 million
Vox
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
ユビー、“本業”はこれからだった
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
211Picks
【完全図解】雑談をビジネスに変える会社たち
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
317Picks
【解説】メルカリが40%成長でも喜べない理由
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
424Picks
米セールスフォースの中国部門、解散の可能性 アリババクラウドが引き継ぎか
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【必見】100万件のデータから見る、給料アップの方程式
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
「未来」がある仕事というのは重要。未来は ①自分の好き・やりがい ②業界・職種の成長性 ③そのなかでの自分の稀少性 あたりの組み合わせだと思う。 「自分の好き・やりがい」がないと、持続しない。持続するからその職種なりで業界、職場での経験蓄積につながる。そして好きでやっている人は、経験蓄積や成長も早いことが多く、さらなる稀少性につながる。 なお、「好き・やりがい」は唯一絶対のものではない。だから青い鳥探しをするよりは、過去の経験からこれに決めて育てるという腹括りがどこかで必要だと思っている。好きを探して、あれもこれもが続けば、結果としてどれも中途半端になる。 また、好き・やりがいがあっても、生活レベルとして持続的でないなら、「嫌い・耐えられない」が好きを上回っている状態、やめたほうがいい。でも、短期の給与だけでは、好きでやる人との累積的な差は圧倒的になる。 そして記事にあるように、業界・職種の成長性は重要。成長していないとジリ貧になりがち。逆に成長していれば、様々な観点で需要>供給となる。経験を昔からしている人数も少なく、需要が伸びているから経験自体が稀少性につながる。業界・職種のマクロの追い風と併せて、給与自体も上がりやすい。 とはいえ、最初から稀少性があるわけではない。だから一定の経験を積んだ後で、経験・専門性を活用できる結果責任がより大きいポジションに移る。そして結果を出して、稀少性を上げて、交渉力を上げていくといった観点もステップとしてはある。責任範囲が広がるから、やりがいも上がる側面もあると思い、もっと楽しくなる。 とはいえ、各社それぞれの考え方がある。給与は仕事の評価・対価という観点で、そこに納得性もあることが重要。 だから、評価の考え方・仕方に共感できるかというのも重要だと思う。自分が重要だと思っていることややり方で評価しない会社は、正当に評価されていないと感じ、不満が溜まり、やりがいが減る。 ユーザベースは、職位に対して給与が決まっていて、多くの事業で職位が全社員に公開されている(自分が所属するSPEEDA事業はそう)。そのオープンさはすべての人に合うわけではない。でも、自分はフェアネス・オープン性は重要だと思っており、評価に不満なときでも、ブラックボックスが少ないのは心理的にもよかった。
688Picks
NORMAL