Picks
86フォロー
31190フォロワー
ESG時代に響く宇沢弘文「社会的共通資本」の思想
日本経済新聞
渋澤 健コモンズ投信株式会社 会長
宇沢先生の思想は50年ぐらい早かったと思います。宇沢先生を呼び起こしているのは、時代の変化です。また、活躍した時代は異なりますが、渋沢栄一のリバイバルも同様です。 記事でご紹介いただいように、栄一の「論語と算盤」と宇沢先生の「社会的共通資本」に共通点を感じます。それは、人間にとって大切なもの、「価値」があるものは、こころ。 渋沢栄一は「合本主義」によって豊かになる社会を目指しました。宇沢先生は「コモン」(共通)に着眼されました。豊かな社会を目指す人々が集まるところです。 20世紀にフリードマン先生は「利益の最大化」を主張しましたが、21世紀は宇沢先生と渋沢栄一の思想を「価値の最大化」と解釈できるのではないかと考えます。 「資本主義と闘った男」とも云われる宇沢弘文先生と「日本の資本主義の父」と云われる渋沢栄一の思想が、「資本」「成長」「時間」などをどのように捉えていのか。二人の思想の関係性をもっと深掘りして展開したいと思います。2月24日に以下のオンライン・セミナーを開催いたしますので、是非とも、ご参加して一緒に考えてみてください。 【オンライン】スペシャル対談 「資本主義と闘った男」と「日本の資本主義の父」 | コモンズ投信株式会社 https://www.commons30.jp/seminars/detail/1138
18Picks
NORMAL