Picks
1264フォロー
1524フォロワー
【3分解説】世界でデータセンター投資が止まらない
NewsPicks編集部
Yoshida M米系コンサル会社
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
472Picks
スノーピークはなぜ失速したか〜印象戦略の落とし穴〜
世界は「見せ方」で出来ている〜ビジネスを変える印象術〜
Yoshida M米系コンサル会社
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
541Picks
アマゾン、凄まじい大量解雇…過酷な人事評価制度、自動化された解雇システム
ビジネスジャーナル
Yoshida M米系コンサル会社
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
867Picks
ニコン社長に徳成氏 銀行出身、外部と連携強化
共同通信
Yoshida M米系コンサル会社
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【橘玲】初心者が資産を築く「最良の投資法」
NewsPicks編集部
Yoshida M米系コンサル会社
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4494Picks
【図解】“最大”のディープイシュー。日本の「社会課題」はどう解決すればいいのか?
Yoshida M米系コンサル会社
うーむ、、綺麗ごとでは社会課題は解決しないかなぁ...という感想です。。 社会課題が「厄介」なのは各ステークホルダーの利害が対立するからかと。本当に問題を解決しようとするなら、何かを切り捨てる判断や胆力が必要となり、その現実の生々しさや禍々しさにこそ向き合うべき。 <利害の対立例:地方の水インフラの社会課題> ⚫︎行政:財政が厳しくインフラコスト削減のため、特定の地方を切り捨てたい ⚫︎政治家:特定の地方を切り捨てると言ったら票を失うので、絶対避けたい ⚫︎水道事業者:収益が無いと持続できないので、金が出ないなら撤退したい ⚫︎住民:暮らし慣れた今の生活をそのまま続けたい → 全員の利益を実現することは不可能かつ、住民の意向を重視することは行政か事業者の利益を毀損することにつながる 住民やNPOの参加は一見夢のようなソリューションに思えますが、利害の対立に向き合わない限りは、問題の先送りにしかならないとも考えます。なぜなら、住民やNPOであっても持続的な活動のためにはカネもヒトも必要となることは変わらないから。 どこからNPOの活動資金を捻出するのか? 会社や自治体の業務を住民ボランティアに移すことは受け入れられるのか?業務の質を保てるのか?持続できるのか?・・・などなど、結局、登場人物が変わるだけで利害対立/リソース配分の問題は尽きないかと。
1347Picks
NORMAL