Picks
112フォロー
10262フォロワー
VFRがDRONE FUND、ACSL CVC、加賀電子、KDDI Open Innovation Fund 3号、理経の計5社からの資金調達を完了
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
【提言】SPACの選択肢が「スタートアップ」を変える
NewsPicks編集部
千葉 功太郎 DRONE FUND/千葉道場/ 投資家/航空パイロット
【ご報告 8/11に米国🇺🇸NASDAQにSPACがIPOしました!】 私が初期投資家兼社外取締役をつとめ8/11にNASDAQ IPOした「ポノキャピタル」について、ロング記事を書いて頂きました! コロプラ@東証に続き、ポノ@NASDAQと、取締役として日米IPOする経験を持てたことは、起業家の端くれとして大変に嬉しいことです!コロナ影響でNYでの打鐘セレモニーが時期がずれてますが、鐘を鳴らしに行きたいです SPACは昨年米国NASDAQでブームとなりました。事業がない空箱を経営陣のみの信頼でIPOさせ、今回であれば日本円約130億円もの資金を先に調達し、これから「合併買収」先スタートアップを探して、最終的に結婚させるところまでやりきるものです。SPACについて日本でも「良い、悪い」の議論が熱くされてますが、実際にやってみないことには良いも悪いも語れないという自分の生き様があり、それならSPACを立ち上げて買収までのフローを日本在住日本人として先んじて経験してみよう、というのが今回です。 しかもポノ・キャピタルはハワイ州🌺本社で、ハワイ州初のSPAC IPO企業となりました! 「PONO」はハワイ現地語で「善良性、親切心、真心、モラル、良質、適切、正しい、優秀、健康で幸福な状態、繁栄、本質、正義」と言った非常に良い言葉です。 また、ポノ・キャピタルの社長以下取締役陣のほとんどが日本苗字を持つ日系米国人で両方にrootsを持つ人たちで構成されており、今回のSPACは「日本のテクノロジースタートアップ買収に強い興味を持ってます」と宣言してます! 日本とニューヨークの地理的にちょうど真ん中にあるハワイで、日本のスタートアップが米国NASDAQ上場できる「かけはし」になれればと言う思いもあります。 ということで、日本を中心として全世界から、SPAC上場(De-SPACといいます)したい候補スタートアップ様を募集してます! 千葉功太郎個人としては、日本のスタートアップエコシステムを盛り上げるために、出口戦略の多様化は大切な要素だと考えておりまして、日本からグローバル市場へ進出するスタートアップにとっての上場の一選択肢になれれば、という第一歩です。また、本日の日経新聞でも報道されてますが、日本版SPACについても東証や国が検討を進めているようです。
404Picks
<仮面ライダーリバイス>シリーズ史上初、本物のバイクが“浮く” 空中を駆ける「ホバーバイク」登場(MANTANWEB)
Yahoo!ニュース
千葉 功太郎 DRONE FUND/千葉道場/ 投資家/航空パイロット
【仮面ライダー新作✖️ALI社ホバーバイク】空飛ぶバイク、実車撮影発表! これは本当にすごい未来ですよ。 仮面ライダーで本物の浮いてるホバーバイクで新作撮影です。 9月5日から放映開始となる新作「仮面ライダー リバイス」劇中で、DRONE FUNDファミリーのALI Technologies 社が開発する有人飛行型ホバーバイク『XTIRISMO』(エックスツーリズモ)の「実車」に主人公が乗って颯爽と空中を駆け抜けるシーンが劇中に入るんです! 信じられない。これは未来です。 撮影現場の様子も事前に聞いてましたが、本当に主人公が乗ったホバーバイクを飛ばしてクルーが撮影していました。 私がDRONE FUNDを立ち上げた「ドローン・エアモビリティ前提社会を創る」という大きなテーマの根底は、私たちが子供の頃から当たり前に観てきた「アニメ」や「映画」の世界に描かれてる「空飛ぶ乗り物」が21世紀になっても飛ぶ気配もなかったのに絶望して、「それなら自分でリードして未来を実現してしまおう」という気持ちから突き動かされて、ここまできました。それだけに、まさに「仮面ライダー」という子供の頃からの世界観に、DRONE FUNDファミリーの「現実」が加わることで、手が届く超近未来を子供達に魅せてあげられることは、私個人にとっても夢の実現です。 ぜひ、話題拡散のご協力、お願いします!
4Picks
熱海 土石流 ドローンを使って上空から見た住宅被害の実態は
NHKニュース
千葉 功太郎 DRONE FUND/千葉道場/ 投資家/航空パイロット
【熱海の災害現場でのドローン】テラ・ラボ社 まずは土曜日の豪雨による熱海の凄惨な土石流災害によって多くの住民の方々が亡くなっていらっしゃり、かつ現在でも安否のわからない方々が多数おられることに、ご冥福と早期のご発見を心からお祈り申し上げます。改めて自然災害の恐ろしさを体感しました。(一部、山の開発盛り土の件が指摘されてますが、ここでは議論しません) さて、そんな中で、私たちDRONE FUNDファミリーの中核スタートアップの1社である、災害向け時などの高高度測量大型ドローンの研究開発を専門としている「テラ・ラボ社」が災害翌日からチームが現場入りして、オフィシャルとして土石流の2kmの現場にドローンを飛ばし、合計約250枚の大量の詳細な撮影データを1枚につなぎ合わせる合成を行い(オルソ画像生成と言います)、かつ、国土地理院の「基盤地図情報」と正確に位置をレイヤー重ねすることで、左の写真のように災害現場と元々の住宅図が一目瞭然で判定できるようにしました。土石流現場のドローン映像は既に多数のニュース映像としても活用頂き皆様のテレビでもご覧いただけてると思いますが、昨夜9時のNHKニュース以降、この巨大なオルソ画像と住宅地図の重ねたデータも活用が開始されてます。また、全国各地から集まる消防隊、自衛隊、警察の皆様の現場資料として、このオルソ画像が印刷されて、配布されて捜索に活用されてます。 生存者の方の1時間でも早い救助をお祈りします。 ●テラ・ラボ社 https://terra-labo.jp ●NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210705/k10013121451000.html
2Picks
NORMAL