Picks
112フォロー
10443フォロワー
ドローン開発のA.L.I.、米ナスダック上場へ SPACを活用
日本経済新聞
千葉 功太郎 DRONE FUND/千葉道場/ 投資家/航空パイロット
有人ホバーバイク開発の『A.L.I. Technologies』(東京)の米国ホールディングス『AERWINS』(デラウエア)が、私が社外取締役を務めるハワイ本社の「Pono Capital Corp」(SPAC)との合併によりNASDAQに上場を発表しました‼️ 上場予定時価総額は800〜1000億円超です。 2021年3月にハワイ🌺で「SPAC」を知り、「日本の会社をNASDAQに上場させるぞ!」を目標に2021年8月にPONOとしてNASDAQ上場を果たしました。今回、日本のディープテックスタートアップをNASDAQ上場させる発表ができたこと大変うれしく思います 私は「Pono Capital Corp」において業務執行権のない社外取締役として日本側の案件ソーシングやSPACそのものの認知普及活動などの役割を担ってまいりました。個人投資家としてもSPACへの初期投資もしてリスクを負っています。2022年頭に米国SPACバブルが崩壊し、620社を超えるSPACが合併先が見つからず、大手投資銀行が撤退してます。しかし私たちの1号が115ミリオンドル(日本円約160億円)と業界では「小型」であったために、昨年末からの株下落で逆にDeSPACできる候補先が増え、偶然ですが「チャンスがやってきた」状況になりました。単なる運です。昨年かなりの数の候補先と接点を持つことができ、その中から米国企業との合併を先に決めていたのですが、先方事情で破談となり、そのニュースを見た、昨年からお話ししていたA.L.I.社が名乗りを挙げてくれたという経緯でした 本件は、千葉功太郎個人はVCファンドのGP、かつSPAC社外取締役等といった立場もあり利益相反については日米弁護士と共に深く検討し丁寧に進めてきました。全ての利益相反回避はクリアして進めております SPACのスキームの複雑さや会計基準、米国監査の課題により、日本のスタートアップをNASDAQに連れていくことの難しさを痛感することはありましたが「日本のディープテックスタートアップに、NASDAQ上場の道を1つ作れた」ことは、日本のスタートアップにとって大きな意義ある一歩になれるのではないかと、私自身のやりがいを感じています。 社会意義あるプロジェクトとして、私、千葉功太郎のライフワークの一つとして応援よろしくお願いします
2Picks
日本企業初となるか、「ホバーバイク」のA.L.I.がNASDAQにSPAC上場へ
DIAMOND SIGNAL
千葉 功太郎 DRONE FUND/千葉道場/ 投資家/航空パイロット
有人ホバーバイク開発の『A.L.I. Technologies』(東京)の米国ホールディングス『AERWINS』(デラウエア)が、私が社外取締役を務めるハワイ本社の「Pono Capital Corp」(SPAC)との合併によりNASDAQに上場を発表しました‼️ 上場予定時価総額は800〜1000億円超です。 2021年3月にハワイ🌺で「SPAC」を知り、「日本の会社をNASDAQに上場させるぞ!」を目標に2021年8月にPONOとしてNASDAQ上場を果たしました。今回、日本のディープテックスタートアップをNASDAQ上場させる発表ができたこと大変うれしく思います 私は「Pono Capital Corp」において業務執行権のない社外取締役として日本側の案件ソーシングやSPACそのものの認知普及活動などの役割を担ってまいりました。個人投資家としてもSPACへの初期投資もしてリスクを負っています。2022年頭に米国SPACバブルが崩壊し、620社を超えるSPACが合併先が見つからず、大手投資銀行が撤退してます。しかし私たちの1号が115ミリオンドル(日本円約160億円)と業界では「小型」であったために、昨年末からの株下落で逆にDeSPACできる候補先が増え、偶然ですが「チャンスがやってきた」状況になりました。単なる運です。昨年かなりの数の候補先と接点を持つことができ、その中から米国企業との合併を先に決めていたのですが、先方事情で破談となり、そのニュースを見た、昨年からお話ししていたA.L.I.社が名乗りを挙げてくれたという経緯でした 本件は、千葉功太郎個人はVCファンドのGP、かつSPAC社外取締役等といった立場もあり利益相反については日米弁護士と共に深く検討し丁寧に進めてきました。全ての利益相反回避はクリアして進めております SPACのスキームの複雑さや会計基準、米国監査の課題により、日本のスタートアップをNASDAQに連れていくことの難しさを痛感することはありましたが「日本のディープテックスタートアップに、NASDAQ上場の道を1つ作れた」ことは、日本のスタートアップにとって大きな意義ある一歩になれるのではないかと、私自身のやりがいを感じています。 社会意義あるプロジェクトとして、私、千葉功太郎のライフワークの一つとして応援よろしくお願いします
138Picks
国内IPO不調でも日本ベンチャーの米NASDAQ「上場」を支援する動き
Business Insider Japan
千葉 功太郎 DRONE FUND/千葉道場/ 投資家/航空パイロット
先週金曜日、ニューヨークNASDAQ市場に「PONO CAPITAL TWO(シンボル: PTWOU)」が、IPOしました!! 今日から合併候補先を大募集します。私はエンジェル投資家兼社外取締役として、創業から深く関わっており、私のハワイ生活のお仕事成果2社目の上場です(1社目は昨年8月にIPOしたPONO CAPITAL (シンボル: PONO))。 PONO TWO社は、「日本のディープテックスタートアップを米国NASDAQに上場させるためにIPOした、SPAC」で、100ミリオンドル(日本円約135億円)の規模です。 本日より幅広く、合併候補先ディープテックスタートアップを探して参ります。SPACはスピードとタイミングが命、ということで、創業者との早く深いレスポンスを大切にしています。 米国内では、2020年、21年と、計800社を超える大量の大型SPACが乱立上場して、総資金は22兆円を超えています。SPAC寿命の18ヶ月平均を迎え、合併先が見つからず、「SPAC市場は崩壊した、終わった」という論調が主です。実際、時価総額1000億円を超える大型SPACが数多くあり、昨年末からのテック株式の急激な下落に伴い、合併候補の時価総額が小さくなりすぎて、合併成立しない、悲惨な状況に陥ってます。 一方で、私たちPONO CAPITAL は、日本円で150億円くらいの、「超小型」SPACで、昨年末からの株式市場下落に合わせて、逆に合併候補先が急激に増えてきた恩恵を受けています。 さらに、米国証券取引委員会(SEC)がSPAC新規IPO過熱を抑制するため上場レギュレーションも厳しく規制されました。その中で、PONO CAPITAL TWOをSEC新レギュレーションで規制が極めて厳しい中でIPOできたのは1号の地道な実績も大きいです。そして、日本企業を専門でターゲットにしているアクティブなSPACは、私たちしか残ってない状況のため、極めて独自色の高いオンリーワンなSPACとして、「生き残って」おります。 いつも応援ありがとうございます! 日本のスタートアップの米国上場という選択肢が、選択肢として当たり前になる日がくるよう、がんばります。 千葉功太郎
157Picks
NORMAL