Picks
9008フォロー
10290フォロワー
【珈琲のこだわり】大学生が手がける「ドリップバッグ」作りに協力してほしい!|Makuake(マクアケ)
Makuake(マクアケ)
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
若者のやることに目くじらを立てる気はさらさらないんですが。 支援金額とリターンが合いませんよねえ。2,000円で受け取るドリップパックが10杯分ならお手軽なドリップ機器を買って豆を200グラム買ってもお釣りが来ますしねえ。そのほうが確実にドリップパックよりも美味い。同種の商品を出しているメーカーも多々ありますから新規性もないですしねえ。 しかもです。 ・・企画者の学生さん「僕には夢があります。僕はいつの日か自分のお店を持って大好きなコーヒーを提供したいことです」 え?目標はカフェ?このクラウドファンディングを集めるドリップパックじゃなくて? 正直なひとだとは思います。しかし「自分自身のカフェを作るための一手段としてこのクラウドファンディングを使わせてもらってお金を作りますんでよろしく」と言われてもねえ。おじさんは「それはずるいでしょ?志が違うでしょ?」と思っちゃう。 支援者の側に「動機はともあれとにかく若者を応援したい」という心意気を持ったひとが多ければ成功するかもしれませんけどどうなんでしょうか? 【追記】ふるまいさんのコメントを拝読して。もしもこの企画をわたしがやったとしたら「ええ歳こいたおっさんが何やっとんねん。胡散臭っ!」になりそうです。若者だから応援するという気持ちの中にはある種の功徳感みたいなもの(托鉢僧に喜捨させて頂くという功徳を積ませて貰うことで托鉢僧に頭を下げるみたいな)があるのかもしれません。
<お知らせ>7月からの新紙面
朝日新聞デジタル
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
・・「言葉は感情的で、残酷で、ときに無力だ。それでも私たちは信じている、言葉のチカラを。ジャーナリスト宣言。朝日新聞」・・ かっこいい❤この言論対決の覚悟がかっこいいのだ❤ さて。この格調高き「朝日新聞ジャーナリスト宣言」から15年(その後これが紙面捏造で停止されたのはご愛嬌ですけど)。そんなジャーナリスト宣言もいまやどこ吹く風。部数減少による値上げを承けて新基軸の目玉が「相続」と「数独」と「記者サロン(新しい投稿欄?)」……ですか。 諸賢ご存じの通りわたしは朝日新聞は好きじゃない。しかしオパヨぱよぱよちーんの親玉としての自称クオリティペーパーのプライドというか矜恃というか面目というか。そんなものをとこかで期待してもおったのだ。がっかりである。 確かに朝日新聞の固定購読層は日がな暇を持て余している団塊の世代より上の年代だろう。何しろ「相続」も心配だろうし日中からのんびり「数独」でもやっておるのだろうよ。そしてたまに「記者サロン」で記者にお手紙でも書くのだろうよ。なにせ暇だからねえ。 それにしてもわたしは情けないのである。凋落を諾々とというか従容として受け入れて阿る姿勢が情けないのである。固定購読者層囲い込みの営業施策を臆面もなくアピールして「逃げないでね」と懇願する姿が情けないのである。オパヨぱよぱよちーんとしての覚悟を見せぬことが情けないのである。東スポならまだわかる。しかしあの朝日新聞ですよ? あのオパヨぱよぱよちーんとしての言論対決の覚悟を示した「ジャーナリスト宣言」はいったいどこへ行ってしまったのか?なんだかなあ。行かないでぇぇ~~っ!
2Picks
菅首相、都合の悪い専門家の意見は耳貸さず 「GoTo停止」「五輪無観客」も?:東京新聞 TOKYO Web
東京新聞 TOKYO Web
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
一部のマスコミは何かあれば「専門家」「専門家」という。そして「専門家の意見を(そのまま)受け入れなかった」という。いつからこんなに幼稚なことを平気で言えるようになってしまったのでしょう。 菅総理にせよ西村大臣にせよ内閣のメンバーは政治家です。議院内閣制のもとで与党の国会議員の中から選ばれた行政府の責任者です。彼らが失政を犯せば有権者の審判によって与党は政権を失う。彼ら自身も議席を失う。 いっぽうで尾身会長は政府から委嘱されたアドバイザリーボードのメンバーです。何を言おうが言わまいが「有権者の審判」に晒されることは未来永劫ありません。その去就に国民の選択はありません。しょせんはどこまで行って政府の雇われアドバイザーです。しかも経済や衛生や医療などさまざまな専門家から構成されている分科会のメンバーの中の医療専門家のひとりにすぎません。 アドバイザーを含むさまざまな情報や提言を得て予算や経済や安全保障などの要素を俯瞰的に判断して政策を立案し実行する。それが政治家である菅総理や西村大臣の仕事です。自らの任命したアドバイザーの意見をすべて丸呑みするのは政治家の仕事ではありません。新聞は「都合の悪い意見は聞かない」と批判しますが政策目的にとって不必要不都合だと判断した意見を取り入れないのはむしろ当たり前じゃないですか。 卑近な例で考えてみますといったいどこの会社の経営陣がアドバイザーやコンサルの意見を丸呑みしないからと言って非難されるでしょうか?むしろ逆でしょう?アドバイザーやコンサルの言うことだけを実行する経営陣なんて経営陣じゃない。次の株主総会でクビですよ。 いっそのこと東京新聞は内閣改造して尾身会長を首班指名をせよと主張してみてはいかがでしょうか?
125Picks
韓国外交部、G7での日韓首脳会談“不発”は「日本側の責任」と改めて釘をさす…「開かれた姿勢で臨んだが」=韓国報道(WoW!Korea)
Yahoo!ニュース
NORMAL