Picks
368フォロー
9603フォロワー
「データドリブンなサッカー」を実現するための取り組みとは?
PR: “生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
讃井 康智ライフイズテック 取締役 最高教育戦略責任者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
AIは世界の写し絵
ニューロサイエンスとマーケティングの間 - Between Neuroscience and Marketing
讃井 康智ライフイズテック 取締役 最高教育戦略責任者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
124Picks
拡散モデルのアナロジー力 - ニューロサイエンスとマーケティングの間
ニューロサイエンスとマーケティングの間 - Between Neuroscience and Marketing
讃井 康智ライフイズテック 取締役 最高教育戦略責任者
ChatGPT関連の記事で特にわかりやすい安宅さんの記事。 人間の価値はどこに残るのか、その中で教育が提供すべき問いや学習体験は何なのか、示唆に富んだ記事でした。 教育の観点で少し私の考えも書いておきます。 まず一点目は、利用禁止はやめよう。 この新しいテクノロジーが個人に広がる流れはもう止められません。これまで教育、特に学校教育関係者がとりがちだった「利用を禁止する」というスタンスを取らないことが大事です。安宅さんがまさに学生さんに伝えたように、まず使い倒すことでしか、テクノロジーの特性や良い使い方、さらに良くない使い方への対策も見えてきません。利用禁止は思考停止であり、新しいテクノロジーへの適応を諦める行為。もうこれはやめましょう。 次に、適応するには問いと評価を変えること。 ChatGPTがレポートや感想文を書ける時代に、これまでの問いや評価では成立しなくなります。だから、教える側は利用禁止を持ち出すのですが、本来変わらなきゃいけないのは教える側。ChatGPTを使われる前提で対応を考える。 そこで重要になるのが問いと評価。ChatGPTの学習データにないことを問えば独創的な考えを学生は導き出さなければなりません。また、様々な知識を繋げないと答えられない問いであれば、ChatGPTに複数回問いを投げて、その回答を自分で咀嚼しないといけなくなる。そして、今後はそもそも学習者の問いの立て方自体が評価の対象となるでしょう。でも、これ修士以降でRQの妥当性が厳しく見られると同じで、本当は当たり前のこと。学校教育で軽視しすぎなだけで。 そろそろ長くなったので最後に一つ。学校の先生がもっとテクノロジーフレンドリーにならない限り、学校と社会との断絶はますます加速し、学校間の格差がもう埋められなくなります。 結局テクノロジーとその影響を軽視しすぎなんです。この20年で子どもたちはデジタルネイティブ→クラウドネイティブ→AIネイティブと変化しているのに、多くの学校ではようやくデジタル化が始まったばかり。一方で、GIGA端末を使いこなしている学校はAIにも適応してくると思います。それは子どもたちが自分で学んで活用していくからです。 先生がいきなりテクノロジーフレンドリーになれないなら、まずは子どもたちと一緒に学ぶでもいい。いろんな楽しさが見えてくるはずです。
22Picks
Chat GPT、スタンフォード大期末試験で使われまくる
ギズモード・ジャパン
讃井 康智ライフイズテック 取締役 最高教育戦略責任者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
137Picks
人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発 - fabcross for エンジニア
fabcross for エンジニア - エンジニアのためのキャリア応援マガジン
讃井 康智ライフイズテック 取締役 最高教育戦略責任者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
【暴露】ジャック・マーはなぜ東京にいたのか
NewsPicks編集部
讃井 康智ライフイズテック 取締役 最高教育戦略責任者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
910Picks
NORMAL