Picks
1504フォロー
290087フォロワー
何故金利は下がったのか
note(ノート)
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
エンジン廃止は正しい選択か、EVの「現実解」はこれだ
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
公共施設、集約でコスト減 秋田の自治体7割で面積圧縮
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
SBI・新生銀行連合が狙う地銀新秩序 販売力の弱さ課題
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
G7、国外の化石燃料融資を年内停止 日本が初同意
AFP
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
個人的には石炭技術を活用する形で、世界の現実的な温室効果ガス排出削減に寄与するという戦略で、エネルギー資源がない日本は頑張ってほしい… 2019年の温室効果ガスの排出を見ると下記のようになる。 中国27%、米国12%、米国以外の先進国15%(日本もここ、なお世界のなかでは5%弱)、新興国43%、海運・空運3% 一方で1970年からの累積値をとると… 中国17%、米国18%、米国以外の先進国24%、新興国38%、海運・空運2% 「自然資本」という考え方がある。自然資源も有限で、例えば自然資源を活用したり土地利用して産業化しても、それによる売上・利益は考慮しても、環境コストは過去考慮されていなかった。 ゼロコスト仮定の時代に経済成長した先進国が、温暖化は地球全体の問題だからと0か100かで押し付ける構造は持続的ではないと思っている。 そのなかで個人的には、石炭火力を全て悪とみなすような風潮には違和感を覚えている。 ①を見ると、現実として石炭火力は、世界的に老朽化したもの含めて低効率のものが多い。日本の石炭火力の平均は864g-CO2/kWhだが、インドは1023g(+18%)、米国927g(+7%)、中国915g(+6%)。 そして、量産・実用化されているUSCは795gと日本平均に比べて-8%、実証研究進められているIGCCは710gで-18%、研究段階のIGFCは590gで-32%。 ②をみると、日本でさえも非効率石炭が約半分を占め、全発電量でも15%を占める。 LNG火力の日本平均は695g、量産化されているGTCCだと376gで石炭は全然及ばない。でも石炭火力は排出量が多いからダメと二元論になれば、現実にあるオプションが使われず、未来への技術投資もされなくなる。ガスとは違い、固形物で輸送しやすく揮発しない、また世界中で産出されるので、エネルギー安全保障という観点でも重要。 現実に使えるものを導入しやすくして実際に早く減らすことが重要。 ①https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/sekainosekitankaryoku.html ②https://sgforum.impress.co.jp/article/5223?page=0%2C3
97Picks
「剛腕」と「無常観」 JR東海元社長・葛西敬之氏死去
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
英シェル、インド企業と交渉か 「サハリン2」権益売却
共同通信
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
中国恒大が190億ドル債務再編案、子会社株と交換など=関係者
Reuters
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
米当局、トヨタ支援の自動運転企業「Pony.ai」の試験許可を取り消し
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
葛西敬之氏が死去 JR東海元会長 81歳 「国鉄改革3人組」
毎日新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
104Picks
大型蓄電池、送電線と直結
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5Picks
NORMAL