Picks
262フォロー
3868フォロワー
給油所でバイオ燃料を販売 ユーグレナ、3日間限定
共同通信
松沢 優希NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット マネージャー
2018年に燃料製造実証プラントをつくり、2020年4月からバイオディーゼルの供給を開始し始めたユーグレナ。これまではバス、配送車、フェリーなどで導入されてきましたが、このたび一般自動車向けの給油所へバイオディーゼル燃料を提供を実験的に始めるとのこと。これをきっかけにバイオディーゼル燃料の認知が拡大し、利用者の心理的ハードルが低くなるとよいですね。 日本で主流の、廃食用油を利用したバイオディーゼル燃料を使用した車からは、燃料フィルターが詰まるといったトラブルも発生しています。これはもともとの車両の状態があまり良くなく、水分などが溜まったフィルター内の不純物とバイオディーゼルが反応することなどで発生するようなケースです。よって国土交通省では混合率5%を超えるバイオ混合軽油利用の際には点検整備の留意を促しています。 今回のバイオディーゼル燃料は、ユーグレナだけでなく使用済み食用油も原料に使用しており、混合率は10%です。業務用車両でなく民間車両の場合、車両自体の整備不良の可能性も高まるため、使用段階で注意を促す必要がありそうです(品質的に全くトラブルの問題がない、と言えるのが一番ですが)。
110Picks
海洋プラをお部屋を彩るアイテムへ。コロナ禍の海洋ゴミ漂着地と家庭をつなぐプロダクトを目指して。
海洋プラをお部屋を彩るアイテムへ。コロナ禍の海洋ゴミ漂着地と家庭をつなぐプロダクトを目指して。|株式会社テクノラボのストーリー・ナラティブ|PR TIMES STORY
松沢 優希NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット マネージャー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
【血風録】「傘のシェアリング」を全国に広めた26歳
NewsPicks編集部
松沢 優希NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット マネージャー
設置個所が続々と増え、利用の利便性も高まり、益々日常生活の中で存在感を帯びてきたアイカサ。これからも沢山の忘れ傘・放置傘を防いでいただくことに期待したいです。 初めは廃棄予定の傘を集めて使われていたが、その後利用者の衛生への懸念を踏まえて専用傘を作るようになったという部分が意外でした。(逆に、専用傘でビジネス拡大をしたが、環境意識の高まりを受けて中古傘の取り扱いへと拡大する方向と想像していたので。) 一方でやはり、廃棄傘大量発生地域を熟知したネットワーク力によって、中古傘回収網の構築も比較的行いやすいのではないかと想像します。いつか、中古傘の有効活用・循環のための何らかの仕組み構築ができると素敵ですね。(なお、アイカサはすでにジップロックリサイクル傘のシェアリングを初めています。) 【参考情報】 ・世界で初めてビニール傘をつくったのは日本の傘メーカーであるが、現在日本で使用されているビニール傘の90%は中国製であり、輸送CO2をかけて輸入のうえ、非常に短いライフサイクルで捨てられている。(洋傘は年間で1億3千本消費されるが、このうち5千万本が出荷から1年以内に廃棄。) ・ビニール傘は、分別に非常に手間がかかり、接着剤も使われていることからリサイクルが困難。
637Picks
コーヒー農家とロースターの直接取引を実現する「TYPICA(ティピカ)」が正式ローンチ、サステナブルなコーヒー流通を目指す
BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報
松沢 優希NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット マネージャー
「コーヒー農園⇒ 仲売人⇒ 輸出業者⇒ 商社 ⇒ロースター」となっていた複雑な取引を、DXで「コーヒー農園⇒ ロースター」の直接取引とする構想。 コーヒーのダイレクトトレードの構想はDXが叫ばれる以前からあり、これには中間マージンの削減やロースターの意志が農園の生産に反映されやすいといったメリットがあります。一方で大量ストックを持つ商社等を介さないことにより、農園は取引の安定的な継続保証が得られにくくなり、ロースターも均一品質の安定的な仕入れが難しくなるというデメリットがあったため、これまであまり一般的ではなかったわけです。 直接取引のプラットフォームが活発化し利用者が増えること、プラットフォーム自体が有事の際の保証や融通の仕組みを構築することなどで、直接取引ならではの不安・課題がうまくカバーされるとよいと思います。 コーヒーのサステナブルな生産や流通の必要性は、SDGsの影響もあり認知度が高くなってきています。サステナブルコーヒーが意味するのは、①化学薬品の使用禁止等による土壌の保全や生態系の保護を視野に入れた環境配慮的側面、②生産者の人権保護や収入の安定化および生活環境の改善を視野に入れたフェアトレード的側面、の大きく分けて2つです。 一見、本プラットフォームは直接的に②の解決に寄与すると見られますが、情報が可視化されトレーサビリティが確保されやすいということで、①の活発化にも貢献すると考えられます。
197Picks
NORMAL