Picks
1フォロー
4714フォロワー
人的資本経営、成長企業は「実践」着手傾向がマイナス成長企業の1.7倍以上――アビームコンサルティング調査
ITmedia マーケティング
山極 毅株式会社経営人事パートナーズ 代表取締役 人事戦略デザイナー
ISO化されたこと、機関投資家の投資判断の材料とされるという流れで、注目を集めている人的資本の情報開示。 あるべき論は色々と語られており、そのすべてがご指摘の通りなのであるが、企業の人事部が取り組むべき課題は、地べたを這いつくばるようなハードワークであることはまったく語られてません。 実際にこの業務に従事した経験者が少ないので、やむを得ないところはあります。 もともと人事部員は数値に弱いところがあるので、ROIだ、ROICだ、労働分配率だ、売上高付加価値比率だと言われても、ピンとくる人は多くないでしょう。 実務上の課題で一番大きいのは、経理(コントロール)部門と人事部門のKPI定義の差をコツコツと合わせていくことであり、それができていない状態で数値を対外発表しても、結局数か月後に数値の修正が必要となる展開はさけられない。 おそらく、多くの企業がこの事象に気付いていることと思われますが、表にはなかなか出てこないでしょう。 今後必要なのは、PL、BS、CF、人件費、等の経営数値のあるべき姿を、自分の信念と言葉で語れる人事部員の育成であって、これは労務問題に特化したコンピテンシーしか持たない人事役員には荷が重い課題でしょうね。 色々と辛口で話してますが、日本の人事部の最大の弱点が経営感覚であることは、多くの経営者、社員のみなさまの賛同を得られるところだと思います。 このような課題をいち早く改善していくことが、企業の発展のために重要という時代が、やっと到来したことは望ましいことであります。
163Picks
裁量労働制、時短効果なし 1日20分、週2時間長く
共同通信
心理学・行動経済学で用いられるカタカナの「ナントカ効果」18選【イラスト付】
Mocha(モカ)|お金の知性が、人生を変える。
山極 毅株式会社経営人事パートナーズ 代表取締役 人事戦略デザイナー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL