Picks
40フォロー
975フォロワー
メタバースの「仮想土地」が80%の大暴落
アクシオン|経済メディア
角田 拓志メタバースエバンジェリスト
メタバースの土地は転売のロジックというよりM&Aのように考えた方がいいと個人的には思いますね。よくある勘違いというか、それを前提に話してるんだろうなと思う思考は『土地を買ったらいつか自動で値上がりして寝てても転売益が出る』というイメージ。そんなムシのいい話、実際の世界でもそうそうないですし、あったとしてもギャンブルすぎるでしょう笑。実際の土地もそうですが、買ったらそこに駐車場作るなりホテル作るなりして、車を止めるとか宿泊できるとか『価値』を付与するから意味あるわけで。何もしなければただの土塊です。仮想の土地も、例えば有名アーティストが何人もLiveすれば、そこは武道館みたいなブランドがついて、いつかはあそこでLiveしたい!というような憧れを持つ人が現れるかも。私が個人でバーチャル映画館を作って、そのUXが素晴らしかったら、東宝や松竹に土地ごと事業売却できるかもしれません。それをみんなでやるから、全体の土地の価格があがるんです。買ってそのまま放置しといて大暴落!というのは、実際の土地でも、インターネットサイトを買ったとしても『そりゃそうだろ』感がすごい。 ---NewsPicksトピックスにて、メタバースの記事を書いています--- メタバースとは何か?の"次"の話をする会 https://newspicks.com/topics/metanext 「メタバースとは何の略か」という話はお腹一杯。議論を”次”に進められるよう、発信しています。ぜひフォローしてご覧ください。コメントや質問もお待ちしています。
64Picks
【亀山×加藤直人】メタバースのゴールは不老不死かもしれない
NewsPicks編集部
NORMAL