Picks
623フォロー
366フォロワー
惰性で運転免許を取る若者たち
GenZのたまり場
石光 悠真News Picks curation Team intern 学生
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
11Picks
東証が史上最高値3万9098円 34年ぶり、バブル期超え
共同通信
石光 悠真News Picks curation Team intern 学生
伸びが凄いなー! ▼最近の凄く好きな出来事▼ ゴールドマン・サックス証券が2月18日、日本の株式市場をけん引する7銘柄を「七人の侍」と名づけて発表。 「七人の侍」のうち4銘柄は、半導体製造装置メーカー であり「SCREENホールディングス」「アドバンテスト」「ディスコ」「東京エレクトロン」。 その他は「トヨタ自動車」「SUBARU」「三菱商事」。 映画『七人の侍』が不屈の精神と団結力で村を守る物語であるように、これらの企業も日本経済を支え、世界市場で競争するための「守り神」的な存在だろうか。 特に、半導体製造装置を手掛ける4銘柄が選ばれている点は、現代社会で半導体の重要性が高まっていることを反映し、これらの企業が日本の技術力の象徴となっていることを示す。自動車産業と商社がリストに含まれているのも、多様な産業が日本経済の柱であることを物語っているのではないでしょうか。 七人の侍」と呼ぶ7銘柄を選出したのは、非常に興味深い試みで、この「七人の侍」が今後どのように市場をリードし、新たな挑戦にどう立ち向かっていくのか、目が離せません。 【エヌビディア好決算 売上高・純利益ともに過去最高 「史上最高値」迫る日経平均に影響も】 https://news.ntv.co.jp/category/international/591cf73fadfd42d8831ce347729bc513
275Picks
「都心に森を造る」 六本木の次期再開発―森ビル社長
時事ドットコム
NORMAL