Picks
1576フォロー
12772フォロワー
電動キックボードのLuupと東京海上が資本業務提携。リスク分析のプロは「未来のモビリティ」をどう見るか?
Business Insider Japan
神領 貢ニューモデルマガジンX 編集長
電動キックボードに乗るのに、ノーヘルOKをなぜ急ぐのか? 不安定な立ち乗り二輪車は高齢者やハンディキャップを持つ人のラストワンマイルになり得るのか? コメントの多くは電動キックボードのシェアに好意的のようですが、電動キックボードが混合交通の中で、他者からどのように見えているのか? クルマやバイクを運転している人なら、その危険性が分かるはずです。唯我独尊ではなく、他者への思いやりをしっかり持つ意識をいかに電動キックボード乗りに植え付けていくのか。 そうした視点が欠如しているように思います。電動キックボードを保有する人は対人、対物、自損の事故をおこした場合に責任能力はあるのか?自動車保険に加入しなくてよいのか? 無法者とそうでない人を切り分ける術はなかなか見つからないでしょう。シェア事業者は自らのビジネス拡大のために、電動キックボードユーザー全体の順法意識向上を狙うのでしょうが、それには一定の時間がかかることを知っておくべきです。 免許は?租税負担は? 多くの疑問点を抱えているのに見切り発車がなぜ許容されるのか?一部の国会議員や警察は、電動キックボード普及に前のめりになっていますが、事故が多発してから安全確保のための環境整備をやっているような、人命を危険に晒すような行為は厳に慎むべきです。 新しい乗り物を否定するものではありませんが、初めにそうした議論を煮詰めず、見切り発車するのは異例だし、とても危ういことです。実証実験をなぜ延長したのかも調べてみる必要がありそうです。
144Picks
NORMAL