ライブコメントを表示

ライブコメント
コメントを非表示
VIDEO
2021年6月18日 公開

超ライトな「贈り物アプリ」がZ世代に流行中

シリコンバレーに住むジャーナリストNaoとyoohee、"セレブ投資家"Rayが、USのテック&カルチャーを約3分でおしゃべりする『伝書鳩TV』。 今日の3人の話題は、Z世代を中心に流行中のギフティングアプリ。一見よくあるサービスなのになぜ?そこには物を贈るときの小さなペインを丁寧に解決する、企業の努力があるようです。(毎週火曜・金曜の朝に最新エピソードを更新) (声の出演:鳩山玲人、後藤直義、洪由姫/デザイン:國弘朋佳/編集:伊藤大地/ディレクター:有水冴子、栁橋泉紀、栗原良介/プロデューサー:安岡大輔、小西健太郎)
出演者:
Pick に失敗しました
人気 Picker
個人的によく使うギフトサービスとしてgiftee はヘビーユーズしています。

https://giftee.com/items
〇URLを送るだけで相手が登録してなくてもOK
〇受け取り先が住所入力する
〇メッセージカードが豊富
あと、コンテンツであるプレゼントの種類も拡充されていっているので、ありがたいですね。

こちらで紹介されているアプリのように、受け取り手が気に入らなかった時に他のものに交換できるような機能は、今のところありません。

コロナ禍においてフォーマルギフトの数値が縮小する一方、親密な関係で贈り合うカジュアルギフトは好調となっています。今後もギフトを贈ることのハードルが下がることによって、オンラインギフトはコミュニケーション手段として重宝されていくではないでしょうか。

参考記事
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2637
このGoodyの実験のためにNaoにプレゼントを送ったわけではないです!笑 あくまでも私の感謝の気持ちを表したギフトを送りたかったのです!

そこで、体験してみて簡単に送れる、のはいいポイントなのですが、それだけでなく、デジタルギフトにしても「温かみ」がちゃんと残っているのが重要だなと感じました。メッセージが送れたり、それがEカードになって動いたりして、Amazonカードを送るよりずっと気が利いている気がしました。

新しいこれまでにないブランドを発掘する楽しみもありますね!
#伝書鳩tv 気づけば20本超えてました。
今回は、簡単に感謝を伝えられるギフトアプリ🎁
Z世代に受けてる理由がテキストで完結するところらしい。

少し前に伝書鳩tvで紹介したMuse(No rulesなメッセージングアプリ)もZ世代に支持されているわけです。
こっちはクリエイティブに振ったアプリ。

クリエイティビティを発揮するにも、知人に感謝を伝えるにも、何をするにしても「まず、お手軽である」ことが、何より重要なんだろうと思います。
LINEの「ギフトを贈る」もサクッと送れていいですよね。

たしかにいい記事を書いてる友人に
「ありがとう!勉強になった!」とスタバのドリンクチケットとともに送ったり、誕生日おめでとうメッセージとともに送ったりギフトをオンラインで贈ることが日常になってきてる気がします。
とにかくテキストメッセージだけで、贈り物がサクッと送れるのはナイスです。有難う!って言う気持ちがカタチになると、やっぱ人間って嬉しいですよね。
面白いギフトビジネス到来ですね。ギフト文化が根強い日本に参入したら、凄く流行る可能性大です。分厚いギフトカタログから選ぶというビジネスの代わりにもなりますし、何より手軽なのが最高です。

送る側はアプリダウンロードしないといけないようですが、受け取る側はアプリ不要という手軽さも、よく考えられていますし、自分の好きなアイテムを選べるというのも、ほんの少しの気持ちを伝えたい時や相手の嗜好が分からなくて悩むお中元お歳暮ニーズにも日本では良いですね。これからの展開楽しみです。
年賀状のやり取りが形骸化し、住所を知らない友人・知人が増えている中、住所を知らなくても遅れるのは、手軽でいいなと思います。
ギフトの受け手側が送った商品を金額内で変更できるのもいいですね!!
相手が気に入るかどうかを悩まなくても、気に入らなければ変更してもらえばいいという、そこも”手軽”だなと思いました。

オリジナル番組ラインナップ

音声番組ラインナップ