ライブコメントを表示

ライブコメント
コメントを非表示
VIDEO
2024年7月14日 公開

K−POPビジネスの「儲けの方程式」を学ぼう

世界のエンタメ市場で依然として大きな存在感を占めるK-POP。次々と新たなスターが生まれるしくみを紐解くと、様々なビジネスに応用できそうな儲け方の法則がありました。K-POPビジネスに精通するRicky Leeさんが、K-POP産業の基礎知識から儲けの方程式まで、ディープに解説します。

出演
Ricky Lee(K-POPインフルエンサー)
谷口健(NewsPicks編集部)

制作
撮影:川村拓希/撮影補:栗原美穂/バナーデザイン:岩城ユリエ/制作補:小西健太郎/ディレクター:阿部沙耶香
出演者:
コメントする
Pick に失敗しました
人気 Picker
この度番組に出演させていただきました。かれこれ20年以上K-POPに触れていますが、今以上にK-POPが市場に流通している時期はなかったかと思います。それに至る経緯が、今回の解説で手軽にインプットしていただけると思います。
一方、番組冒頭でも触れている通り、4大事務所(HYBE, SM, JYP, YG)の株価は去年下半期から冴えません。BTS復活への期待もありますが、アーティスト(IP)の力や作品の良さ、スキャンダルなどが株価に大きく作用するだけに、投資としては難易度が高いと思います。日本からだと言語の問題で入手できる情報が限定的というのも考慮すべきポイントです。

※「夢はオタ活費用をK-POP銘柄で捻出すること」は、半分冗談です。
面白かった!!!サムネはaespaだ!

谷口さんがおっしゃるように、HYBEのIR資料はみるとおもしろくて
素人ながら、HYBEは資料の仕立て方?見せ方?がプラットフォーム企業ぽいし実際にプラットフォーム(Weverse)のMAUやARPPUが、売り上げの次に示されるデータで、今の会社ぽいなーと思います。
HYBE2023年4Qの発表資料(PDF)
https://hybecorp.com/jpn/ir/archive/result/4765
HYBE2023年通期の有報ぽいもの(韓国語)
https://dart.fss.or.kr/dsaf001/main.do?rcpNo=20240322001002

ちなみに個人的にHYBE(当時はBighit)の上場の際のオリジナル記事が面白かったです。
「【今日上場】世界的ヒット「BTS」のIPOを読み解く」(NewsPicks編集部、2020/10/15)
https://newspicks.com/news/5302880/body

阿部さんが「あの会見」とコメントで書かれている件については下記記事が詳しかったです
「【株急落】BTS所属企業で内紛。「NewJeans」独立騒動に発展」(NewsPicks編集部、2024/04/24)
https://newspicks.com/news/9889852/body


比較の参考でSMの2023年通期の有報ぽいやつ。
https://dart.fss.or.kr/dsaf001/main.do?rcpNo=20240322000886
ただSMもプラットフォーム(DearUという、年間売り上げ80億円くらい?)が一応あって、それは別会社で上場してるのでセットで見た方がいいのだろうか?などといつも思う
DearUの2023年通期の有報ぽいやつ
https://dart.fss.or.kr/dsaf001/main.do?rcpNo=20240319000270
めちゃくちゃ分かりやすくて面白かったです!

こうして俯瞰してみてみると、BTSの兵役があることがHYBEにとってビジネスチャンスを作ってくれたんだなと改めて感じました。外部環境リスク(SWOTのThreat)を早めに理解して、BTSに頼らない体制作りと、兵役中も耐えられるコンテンツを事前に用意してWeverseで小出しにしたり、本物がいなくてもIPで戦う戦略自体、兵役があったからこそ立てられた戦略なのかなと思いました。また、この期待感が高まる中で完全復活する見込みの来年、ライブやCDの売上は相当凄そうだなと…もしかしてHYBE株(BTS株とも言われてるらしい)を今のうちに買っといた方が良いのかも。
ぜひご覧くださいませ。最後の最後まで、阿部ディレクターのKポ愛と専門知識も詰まっています。

オリジナル番組ラインナップ

音声番組ラインナップ