AIに愛を求めて。

2024年1月29日
全体に公開

 昨年立ち上がったルーマニアのスタートアップ・DreamGFは、画像生成ツールのStable Diffusionを活用して想像上のガールフレンド画像を生成しています。創業者はもともとコンテンツ配信プラットフォーム・OnlyFansのクリエイター向け代理店で働いていた経験があり、その経験がこのアイディアに繋がったとのこと。

非同期ですが、声も生成されます。 https://dreamgf.ai/

 サービス開始が5月→9月の段階で登録ユーザー50万人、有料顧客1万人、月次収益は12万ドルで黒字化も達成しているとメディアへのインタビューで語っています。まだオンラインで完結していますが、OnlyFansのクリエイターとの提携も模索しているとのこと。これからもっといろんな展開がありそう。(もしみなさんがいま職場にいるなら、↓サービスサイト閲覧は非推奨です...)

服装選択だけでこの幅。(Sifted.eu, https://sifted.eu/articles/ai-girlfriends)

 このサービスだけではなく、ロンドン拠点のKupid AIやAnima、プラハ拠点のFantasyGF、マルタ拠点のCandy.aiなど、様々なAIガールフレンド生成サービスが登場しています。Animaやcandy.aiは同様にAIボーイフレンド生成も手がけています。どれくらい需要があるものなんでしょう。...みんなすごい厚みの胸板だ。

なるほど(なるほど)  https://candy.ai/ai-boyfriend

 この1月にオープンした OpenAIのGPT Storesでも、AIガールフレンド関連のボットが大量発生しているようです。そして一気に削除されました。

 マッチングの領域でも、AIの活用は進んでいます。TinderやOkCupid等を運営するMatch Groupは昨年ジェネラティブAIの積極活用を決算報告の場で公言。プロフィール写真の選定や自己紹介文・経歴の紹介文章磨き込みなどでAIを利用できます。順当な使い方。

 もっと進んで、Tinderの運用自体をChatGPTぶん回しでやろうとする取組もあるようです。Twitter/Xなどの自動運用と思想は同じですかね。。

 AIで愛を見つけやすくなるんでしょうか。少なくとも、つくりやすくはなりそうです。

お知らせ:毎週月曜配信のニュースレターをやっています

読んだ記事や聴いたもの、考えたことなどを雑多にお届けしています。

応援ありがとうございます!
いいねして著者を応援してみませんか



このトピックスについて
津覇 ゆういさん、他767人がフォローしています