Picks
106フォロー
4650フォロワー
キャリア相談員、IT習得が急務 労働移動の壁に
日本経済新聞
工藤 啓認定特定非営利活動法人育て上げネット 理事長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
大学中退 我が子を見守る生活を「修行」と表現した親
note(ノート)
工藤 啓認定特定非営利活動法人育て上げネット 理事長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
【報告】22年10月の活動状況について / 貧困・困窮状態にある若者の「実費」を肩代わり!継続支援のお願い - 継続寄付 READYFOR
readyfor.jp
工藤 啓認定特定非営利活動法人育て上げネット 理事長
―――タイキさん(20歳・男性)――― 高校生のときに進路が決まらずに困っていたところ、支援スタッフが高校に出張したときに知り合いました。身近な人たちとの関係は良好でしたが、支援スタッフや周りの大人とのコミュニケーションには言葉を発することができず、対話を進めることが困難な状況でした。 しばらくは本人に代わって、保護者を経由した対話をしていましたが、本人が現状を望んでいるわけでもありません。どうにかしたい気持ちがありながら、その一歩を踏み出すことができていない現状を変えるために相談(1対1の対話)ではない形の支援の参加を促しました。 タイキさんには外出を伴うプログラムに参加してもらっています。例えば街の清掃ボランティアだったり、職場見学のようなものです。これらにかかる交通費を本寄付から支えています。 外出を伴うプログラムは相談支援のように来てもらうものとは違って、待ち合わせだったり、緊急時のときには「連絡」する必要があります。 それまでは本人発のコミュニケーションは皆無だったのですが、メールやメッセージを自分から送るようになってきました。これまではYES/NOで答えられるような簡単な問いであれば回答がもらえていた段階だったので、自身から質問をしたり、確認をしたりするのは大きな前進なのです。 ――支援スタッフの声――― これまでテキスト上のコミュニケーションであっても、本人からの発信ができない状況でありました。「支援」はあくまで本人のニーズや願望に沿ったものですから、本人の意思を確認ができないと進めるのは難しくなります。 毎度のように保護者の方を経由しなければいけないのは非効率ですし、社会的な自立をしていく意味でも、この状態を続けるわけにはいきません。 ご寄付をいただいたおかげで「意思を伝える」ことの最初のステップが確認できたと思います。貴重な機会をいただきありがとうございました。 ――――――――――――――― 【2022年10月の活用状況と残高】 ■活用可能金額: 3700円 ■活用した金額:20,000円 ・ICカードによる補填‥‥20,000円 ■受益者数:4名(10月31日時点/延べ) ■繰越金:-16,300円
1Pick
NORMAL