ライブコメントを表示

ライブコメント
コメントを非表示
VIDEO
2022年4月28日 公開

【予言】3年後、ヒールを履いた"丸の内OL"は絶滅する

シリコンバレーに住むジャーナリストNaoとyoohee、"セレブ投資家"Rayが、USの最新トレンドから近未来を予測する『伝書鳩TV』。今日は、オフィスシューズの行方についてです。リモートワークやアスレジャーの流行で様変わりする仕事着ですが、その最後の砦だった女性用の靴を呑み込むユニコーン企業が現れたようです。(毎週木曜の朝に最新エピソードを更新) (声の出演:鳩山玲人、後藤直義、洪由姫、Coefont.cloud/デザイン:國弘朋佳/編集:伊藤大地/ディレクター:有水冴子/プロデューサー:安岡大輔、小西健太郎)
出演者:
Pick に失敗しました
人気 Picker
Rothy’sのシューズは、かかとの部分にあしらっている別カラーのストライプとラインが特徴的で、パッと見て目を引くのが、賢い戦略ですね。

シューズブランドの場合、Jimmy Chooやマノロブラニク のように、デザインの美しさで勝負するブランドがある一方、爆発的に急激に人気になる場合は、ルブタンの赤いソールやTory BurchのバレーシューズのT文字のように、パッと見て特徴的なデザインをあしらうことで、人気が広がります。靴は、バッグと違いデザインで特徴を出さない限り、ブランドがわからないため。

Rothy’sは、後ろの部分のストライプとラインを入れることで、まさしく後者。このデザイン要素がなかったら、いくらサステイナブルな素材でもそこまで人気は出なかったはず。この特徴的なデザインで、4-5年は人気持続できると思いますので、その次どう出てくるかですね。

シューズビジネスは、一つのデザインに対し何種類もサイズを揃えなければならないため、実は小売業にとっては一番難しいカテゴリーの一つです。在庫回転率をいかに回せるかが鍵です。これからの展開が楽しみです。
以前からRothy’sの靴に興味はあったのですが、扱っているのがフラットシューズなので、まだ手を出せていません。背の高い人であればフラットシューズで問題ないのでしょうが、小柄な女性がカッコよくパンツを履きこなしたいときなどは、少しヒールがあった方が良かったりもします。

Rothy‘sに普通のハイヒールも作って欲しいという意味ではなく、履き心地の良さや安定感を維持しながら、4-6センチ程度のウェッジソールかチャンキーヒールの靴も出してもらえたら嬉しいです。実際私は通勤時やプライベートでは、4-6センチ程度のインヒールのスニーカーを履いていますが、ぺったんこのものよりも疲れない上に、ワンピースであれパンツであれ、どんな着こなしにも合わせやすくて便利です。
すっごい分かります!
現にコロナ禍になってから、パッタリヒールを履かなくなりました。通勤時に駅のホームで、女性の足元を見ても、ヒールがめちゃくちゃ減ってます。むしろ、目立つ感じです。

我慢が多いからより快適性をもとめている点もありますが、リモートワークが増え、全身ではなく、上半身メインでの生活が増えているからもあるかもしれません。

私は、とても身長が低いのですが、今までなめられないための一種の鎧的な意味でのヒールがあったのですが、いつの間にか「勝手になめろ(なめてください)」みたいな考えに。
ヒールはスペシャルなものになる日が!?と思いつつ、
ファッションは揺れ戻しがあるので、その感に快適なヒールも生まれるかもですね。
スーツでもスニーカーを履いている企業人も増えてきました。
女性もそうですが、男性も革靴ではなくスニーカーが主流になってきているように思います。

※先日バラエティー番組で明石家さんまさんがスーツにスニーカーを合わせているのを見て、男性ファッションも変わったな~と感じました。
アスレジャーは世界的なトレンドで、ルルレモンを筆頭に新しく台頭するブランドを生み出していますが、それは靴の世界にも広がっています。ドレスアップ用の靴は残るにせよ、リモートワークなどの広がりで、ますます「制服」としてのスーツやヒールなどは減っていくのは間違いなさそうです。
日本上陸してほしい!
アスレジャーに合う靴が少ないとずっと思ってたんですよね。そしてこれが男性2人が作ったという話もなかなかエモい!
アメリカの新しいトレンドの紹介は安定して面白くて、今日の靴もなるほどなー、と思うものの、前回から新たなトレンドがメジャーになるという「予言」を出すというタイトル構成に変わったのはイマイチ
日本は数年前にハイヒール着用‘’義務‘’に反発した「#kutoo」運動もあったくらいの空気感。丸の内OLは全く絶滅してないだろうし、コロナの落ち着きに伴って出社も驚くほど戻っていると思います
日本からシリコンバレーのことがわからないように、シリコンバレーから日本の保守と伝統の最前線(?)のことはわからないと思うので、無理に予言しなくても十分に面白いのに、と思ってしまいます

オリジナル番組ラインナップ

音声番組ラインナップ