Picks
77フォロー
437フォロワー
生徒の演奏、著作権料不要 音楽教室、教師は徴収対象
共同通信
金子 将昭毎日ジャズピアニスト
【知って欲しい】 今後は料金がいくらになるかの議論になるかと思います。 こちらにJASRACの音楽教室の使用料規定があります。 テレビ局等は1.5%に対してこちらは包括契約は2.5%。それ以外はさらに高いです。 https://www.jasrac.or.jp/news/pdf/17060702.pdf 算定基準が「1講座あたり1000円」」「月額受講料4000円」など現在の音楽教室の単価より遥かに安い金額で算定されており、この通り払うとかなり高額になる印象です。 テレビやラジオをお店で流した場合は著作権料はかかりません。しかし、今回の場合は著作権処理済みの出版された楽譜を講師が演奏すると著作権使用料が取られる、という二重取りが懸念されます。 私は著作権徴収になんでも反対するものではありませんが、テレビやラジオ、出版よりに設定されてるように見えてなりません。 【出版に関して】 そして包括契約を結んでいない配信業者でJASRAC管理楽曲は使用できません。そのためAmazonではJASRACの管理楽曲を含む楽譜を個人では販売できません。Amazonは結んでいないので使用できないからです。 では、なぜAmazonで楽譜が売られているかというと、著作権処理された紙書籍はコンテンツプロバイダ側が許諾をとることが許されています。 色々と課題がある部分なのでその辺りも今回の件で闇を照らしてクリアにして欲しいなと思います。 出版による著作物の利用は音源ほど進んでいないなぁという印象です。
448Picks
Snow Man、昨年9月発売の『Snow Mania S1』がミリオン突破 1stアルバムのミリオン達成は令和初【オリコンランキング】(オリコン)
Yahoo!ニュース
NORMAL