2029年までに生成AIがマーケティングの生産性を40%以上向上させる

2024年4月3日
全体に公開

IDCは2024年4月1日、生成AIを企業のマーケティング業務に応用することで、2029年までに生産性が40%以上向上すると予測する調査結果を公表しました。

IDCのアナリストは、

今後5年間で生成AIは進化し、特定のマーケティング役割の作業の40%以上を処理するようになるでしょう。生成AIの能力が急速に進化するため、マーケティングリーダーは役割、スキル、組織構造に根本的な変化が生じることにスタッフを準備させる必要があります。

とコメントしています。

IDCはは、生成AIによるマーケティングの生産性の向上を評価するため、マネジメントと計画、ブランディングとクリエイティブサービス、キャンペーンとエンゲージメント、分析と報告、その他の5つの主要な作業カテゴリーを横断する24の重要なマーケティング役割の作業をモデル化しています。

IDCは次の5年間で生成AIがそれぞれの作業カテゴリーをどの程度処理できるかを推定しています。スタッフのレベルと完全なコスト推定を組み合わせて、大規模なマーケティングチーム全体で生成AIを採用することによる生産性の影響を計算しています。

その結果、生成AIはマーケティングチームの作業の40%以上、特定のマーケティングタスクに関しては100%を処理できる能力を持つことを明らかにしています。

生成AIをマーケティングタスクに適用する利点は、各役割に関わる人数や組織内の給与の範囲によって会社ごとに異なりますが、生産性向上は、あらゆる規模のマーケティング業務に対して大きなインパクトなります。

今後の展望

2029年までに生成AIがマーケティングの生産性を40%以上向上させるという予測は、多くの企業やマーケターにとって大きな転換点となるでしょう。

マーケティングにおいて、コンテンツ作成、顧客分析、パーソナライゼーション、およびキャンペーン管理などにおいて、顕著な効率化をもたらすことが期待されます。

AI技術が進化することで、顧客の好みや行動をリアルタイムで分析し、その洞察を基にした高度にパーソナライズされたマーケティング戦略を展開できるようになるでしょう。

さらに、生成AIはコンテンツの質と関連性を高めることで、顧客エンゲージメントを大幅に向上させる可能性も秘めています。

一方で、AIの進化はマーケティングチームにとって新たなスキルセットの習得が必要となり、教育と適応が重要な課題となります。また、生成AIの倫理的な使用とプライバシーの保護に関する規制やガイドラインの策定なども、必要不可欠となるでしょう。

生成AIを前提としたこれからのマーケティングは、AI技術の力を借りてよりダイナミックで、効果的、かつパーソナライズされた形へと進化することが想定されます。

この生成AIのテクノロジーを最大限に活用することで、自社のブランドは競争上の優位性を獲得し、顧客との関係を深めることができると期待されます。

そして、生成AIによるマーケティングの生産性の向上は、単に作業の効率化を超え、マーケティングの質そのものを変えていくことになるでしょう。

応援ありがとうございます!
いいねして著者を応援してみませんか



このトピックスについて
樋口 真章さん、他1638人がフォローしています