新着Pick
SPD2A1DHJCOQBHEY
SNS
JPN

SNS 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
インターネットメディア
>
SNS
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Web上で社会的ネットワークの構築を促進するサイトであり、ユーザープロフィール・検索、日記機能、コミュニティ機能等を有するもの)を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
9Picks
“ブレイクスルー感染”でSNSに誤った情報 感染研が批判の声明
NHKニュース
|
【NHK】ワクチン接種後に新型コロナウイルスの感染が確認されたとする、国立感染症研究所の報告の一部を切り取って「感染研がワクチンに…
4Picks
AI作成の偽写真で友達申請してくるスパイたち 日本人社員がSNSで誘われ、営業秘密を盗まれる事件も発生
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
無防備なつながり申請受け入れは、あなたの上司や同僚までも危険に晒す。ビジネス特化型SNSのリンクトイン(LinkedIn)が昨年1~6月に作成を阻止した「偽アカウント」の数は3370万個。知財や安全保障関連情報を目当てに、スパイが狙いを定める手口とは。
8Picks
SNSマーケティング戦略2021おぼえがき - セミになっちゃた
セミになっちゃた
|
SNSを利用した広告の戦略ってスゴくて、ここまでやるのか〜 といつも唸らされている。 ここ最近で特に感心したバズマーケティングの事例をいくつか紹介したい。 事例①:グラブルの誤字広告 youtu.be 2021年8月1日から行われている、Cygamesによるグランブルーファンタジーの「1000万もえらるグラブルキャンペーン」は、ゲーム内の無料ガチャ(2週間のキャンペーン期間中、毎日引ける)を...
10Picks
【保存版】勝手に決めよう!全国47都道府県を代表するお土産はこれだ! - ぐるなび みんなのごはん
ぐるなび みんなのごはん
|
日本全国47都道府県のオススメのお土産をSNSで募って、各都道府県を代表するお土産を決めちゃおう!という記事がこちら。なかなか遠出するのが難しいご時世だけど、忘れられない味やあの人に渡したいお土産はネットでポチれますよ。ド定番からニューウェーブまで、SNS経由地元の人の声と、全国津々浦々のお土産に超詳しい嶋田コータローさんとヨッピーさん、そして京都に住んで4年めの社領エミさんが合議して代表を...
5Picks
カードゲーム開発者がSNSで個人を中傷、解職処分に 同社代表ら3人も役員を辞任
ITmedia NEWS
|
トレーディングカードゲームの開発を手掛ける大遊は、同社のスタッフがSNS上で個人へ中傷などの不適切な発言をしたとして、解職処分にしたと発表した。合わせて、代表取締役2人と取締役1人も役員を辞任するという。
1Pick
【コラム・天風録】五輪のメダルとSNS
中国新聞
|
熱戦と感動のシーンを見せてくれる東京五輪。ところが大会を巡る発信はおかしな熱を帯びる。SNS(会員制...
5Picks
河村たかし名古屋市長の”金メダルかじり”にSNS上で批判続出…ソフト後藤希友の表敬訪問で突然「ガブリ」:中日スポーツ・東京中日スポーツ
中日スポーツ・東京中日スポーツ
|
名古屋市の河村たかし市長は4日、市役所で東京五輪ソフトボールで13年ぶりの金メダル獲得に貢献した後藤希友選手(20)の表敬訪問を受けた...
74Picks
五輪に見たSNSの恐ろしさを経営視点から読み解く
GLOBIS知見録 最新記事
|
東京オリンピック開会式に関わるクリエイターが解任・辞任に追い込まれた騒動は、ソーシャルメディアの影響力を改めて知らしめました。次々と発覚する問題に対し、組織委員会の方針が後手にまわっていると感じた人も多いのではないでしょうか。ソーシャルメディアが広く普及した状況において、このような問題は企業にとって他人事ではありません。経営的な視点から考えてみたいと思います。 キャンセルカルチャーで問われる
3Picks
河村市長「金メダル」ガブリ ソフトボール・後藤希友投手が表敬で... SNSで批判殺到
FNNプライムオンライン
|
愛知・名古屋市長がメダルをガブリ。周囲はあぜん。 4日午前、東京オリンピック、ソフトボール代表で、金...
32Picks
スマホの利用時間、1日当たり「136.3分」で前年から10分近く増加。SNSの利用時間伸長が目立つ
Web担当者Forum
|
“メディアでの情報収集”だけでなく“SNSでの情報発信”がスマホ利用時間を長くしている?
7Picks
ワクチン2回接種後にコロナ感染した現役医師、40度の発熱と“医療ひっ迫”の恐怖を語る
週刊女性PRIME
|
7月24日、現役の精神科専門医であり、YouTuberとしても活動するメンタルドクターSidowさん(34歳)がワクチン2回接種後にコロナに感染したことを自身のSNSで発信し、大きな反響があった。いったいどんな症状が出たのか、Sidowさんがコロナ闘病記を赤裸々に語ってくれた。
8Picks
中国で五輪「日本人選手」に誹謗中傷続く2つの訳
東洋経済オンライン
|
新型コロナウイルスの感染対策と並び、SNSの誹謗中傷が東京オリンピックの大きな問題になっている。複数の日本人選手がTwitterやインスタグラムのコメントやDM(ダイレクトメッセージ)で中傷を受けていることを明…
44Picks
米ツイッター、AP・ロイターと提携 誤情報拡散防止で
Reuters
|
[2日 ロイター] - 簡易投稿サイトを運営する米ツイッターは2日、誤った情報の拡散を防ぐ取り組みの一環として、米AP通信、ロイターの2社と提携すると発表した。インターネット交流サイト(SNS)上で信頼性のある情報をより迅速に提供するという。
119Picks
成毛眞が伝授する「バズるSNSの文書術」の極意
東洋経済オンライン
|
――話題を呼ぶ投稿を生み出すポイントを教えてください。まず多くの人に見てもらうようにすることだ。フェイスブックの場合、友達の数や「いいね!」の数もあるが、その投稿がいかに多くの人にシェアされるかで発…
271Picks
企業姿勢をチェック、SNSで発信「行動する消費者」が増えた理由
ニュースイッチ
|
消費者が商品を選択する際、商品そのものの機能や価値だけでなく、ブランドのストーリーや世界観への共感を重視するようになって久しい。さらに、コロナ禍を経て共感につながる要素が変わりつつある。商品そのものや、それを手掛ける企業・ブランドが「社会・環境問題解決に向けてどんな取り組みをしているか」にまで共感できるか、を計る傾向が出てきた。(取材・昆梓紗) サステナビリティは「当たり前」 コロナ禍は世界...
2Picks
災害発生時の情報取得、10代・20代でSNSが最多
リセマム
|
災害発生時に情報を得る手段について、10代・20代では「SNS」がもっとも多いことが、NTTドコモ モバイル社会研究所が2021年7月28日に公表した調査結果より明らかになった。「SNS」で情報取得をする人は、全体でも4年間で約2倍に増えている。
232Picks
世界で初めて「愛」をNFTで売ったインフルエンサー その落札価格は約2740万円!
クーリエ・ジャポン
|
「デジタルの愛」もNFTで売り買いNFT(非代替トークン)が急速に注目を集めているのは周知の通りだが、実にさまざまなモノが売り買いされている。デジタルのアートやファッションアイテムからミーム、SNS投稿、動画、音楽、オンライン記事、トレーディングカード、バーチャル不動産など。そして、ついには「デジタルの愛」にまで広がった。世界初の「デジタルの愛」を販売したのは、ポーランド人インフルエンサーのマルタ
SNS 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
マレーシア
タイ