今日のオリジナル番組


詳細を確認
成功企業に学ぶ「令和のマーケティング戦略」
本日配信
149Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
表現が自由にできないことで民主主義が損なわれる、という考えは正しいです。しかしながら、現実的にソーシャルメディアプラットフォームが巨大化していくと、ユーザコンテンツに虚偽はないか、犯罪性はないか、他人に被害を与えていないか、などあらゆる角度から見たアルゴリズムおよび監視が必要となり、100%自由にならないのが現実です。

トランプ前大統領が始めたソーシャルメディア Truth Socialの評判はまずまずですが、マスク氏が思い浮かべるソーシャルメディアがどんなものかとても楽しみです。
イーロンマスクが既存のプラットフォームに対して表現の自由という原則を守っていないことを理由に、運営方針に批判的な立場を取っていて、新しいソーシャルメディアの構築を検討しているとのこと。Web3.0の流れを汲む思想だと思うがどデカい大きなことをどんどん実現しているしキャパシティが大きすぎて凄い笑
Elon Muskが、いかに「理想主義者」であるかが実感できる。

「Twitterは、表現の自由を担保できていないので、自分が、理想のSNSを立ち上げる」

このロジックで思い当たる節はありませんか?

「あるべき姿のEVが販売されていないので、自分がそれを作る」→Tesla
「ロケットは再利用できるべきなので、自分がそれを作る」→SpaceX
「インターネットは万人が使えるべきなので、自分がそれを作る」→StarLink

そう考えると、今回の「Twitterの代わりに…」も案外、実現するかもしれません。常人であれば、思いついても「いや、無理だろう」と思ってしまうところを、やりきってしまうのがElon Muskという人です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
常に現状に疑問を持つ事で新しい萌芽が生まれる。

この新陳代謝にワクワクしないと直ぐにくる次の世界ではサバイブできない。
mixiの時もそう。まだ何とか自分はそうだと思うし、ワクワクしている。
なんか少し曇天模様な時代な気もするけど、ワクワク明るい未来を作っていきたい。
だからこういう意見や流れにはある程度賛成する。
何言ってるのかよくわからない
https://newspicks.com/news/6827023/
・表現の自由という言葉はいつも何かと対立する。それは政治だったり、時に民衆だったり、金融機関だったりする。
・マスクの場合、やはり彼の表現がSECに調査されてしまうようなレベルになってしまったり、かたや、ウクライナの人々を救う通信設備を送り出したり、更にはビットコインの値段を大きく左右させてしまったりもする。Twitterがあることで、マスク、いや、テスラはろくに宣伝をしなくても世界中から注目を集めてきたのは紛れもない事実。これはFBではここまでの拡散力は無かっただろう。そうしたこれまでの経緯も踏まえると、Twitterのアカウントを止めることは出来ないのではないかなあとは思う。
イーロン・マスクが世に出すソーシャルメディアは、EV・宇宙関連事業などと同様に、彼らしい既存の業界常識をディスラプトしたような発想のアイデアを詰め込んてきそうなところに期待と興味をいだきます。
イーロンマスク氏が考える、表現の自由を最優先し、宣伝を最小限に抑えたSNSに注目。SNSは、変わらなきゃいけない。
表現の自由を最優先、という時点で資本主義社会じゃ無理でしょう。表現の自由を謳うことで資本の最大化を狙う、という戦略は成り立つかもしれませんが、本質的には全ての活動は資本の最大化に向けられるし、良し悪し除きそうすべき仕組みで回ってます。
アクション早いので、あっという間にローンチまで持っていくかもしれませんね。どんな"場"を想定しているんでしょう。
Founded in 2003 and based in Palo Alto, California, Tesla is a vertically integrated sustainable energy company that also aims to transition the world to electric mobility by making electric vehicles.
時価総額
87.5 兆円

業績