新着Pick
SPD1QV9NTU34ITS3
証券会社
JPN

証券会社 業界

日本
業界一覧
>
金融
>
証券
>
証券会社
有価証券の売買・その媒介・取次ぎ・代理、その引受・売出しなどの証券業務を営む企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
外資系ネット証券会社 3万8000人余の個人情報流出 金融庁発表
NHKニュース
|
【NHK】金融庁は、外資系のネット証券会社の「サクソバンク証券」の顧客、合わせて3万8000人余りの個人情報が、ことし7月、不正ア…
5Picks
金融庁、証券会社に被害確認を要請=SBI証の資金流出受け
時事通信社
|
 金融庁は17日、SBI証券の顧客資金が流出した問題を受け、日本証券業協会と外国為替証拠金取引(FX)業者などが加盟する金融先物取引業協会に対し、被害確認を徹底するよう要請した。
2Picks
Tポイント投資で注目のSBI証券、不正アクセス・偽造銀行口座による資産流出を公表 被害は補償予定
BCN+R
|
主要オンライン証券会社の一つ、SBI証券は、悪意のある第三者による不正アクセスによって、第三者が偽造した本人名義の銀行口座へ出金される資産流出被害が発生していたと発表した。被害総額は6口座・合計9864万円。
38Picks
ソフトバンク株売り出し、需要申告は1.3兆円と予定額到達ー関係者
Bloomberg.com
|
ソフトバンクグループによる国内通信子会社の株式売り出しでは、証券会社が事前に国内・海外投資家の購入意欲を把握する「需要申告」が予定額の1兆3000億円規模に達した。複数の関係者への取材で明らかになった。
40Picks
きらぼしLD証券が開業 対面での投信販売も手数料無料へ
ITmedia ビジネスオンライン
|
ネット証券では投資信託の販売手数料が無料になって久しいが、ついに対面型の証券会社でも手数料無料化に踏み切るところが現れた。8月17日に開業したきらぼしライフデザイン証券(KLD証券)は、投資信託とファンドラップを主力商品として位置づけながら、手数料を無料とする。
32Picks
大阪「総合取引所化」から2週間 関西地元証券、動き鈍く ニーズあるか分からず
産経ニュース
|
日本取引所グループ(JPX)傘下の大阪取引所が貴金属、ゴムなどの商品先物の取り扱いを始め、金融分野のデリバティブ(金融派生商品)と商品先物を一元的に扱う国内初の総合取引所へ生まれ変わって、10日で2週間となる。だが地元関西の証券会社の動きは鈍く、個人投資家を呼び込む動きは盛り上がらない。ニーズがあるのか見極められないことが理由のようだ。
13Picks
金融機関の“脱本業”の現実味を左右するもの
大和総研
|
2019年度の金融業界(メガバンク、地域銀行(地銀)、生命保険会社(生保)、損害保険会社(損保)、証券会社)の決算説明会および中期経営計画の資料を概観すると、現状のビジネスモデルに対する厳しい表現が増えている。
119Picks
広がる「ポイント投資」、証券大手が赤字覚悟で顧客拡大を狙うワケ
ニュースイッチ
|
日常生活で買い物などを通じてたまる「共通ポイント」を使って、株式を購入したり疑似的に投資して運用したりする「ポイント投資」の導入が大手証券会社で広がっている。証券各社は、ポイントを使って気軽に投資できるメリットを訴求し、20―40代の若年層を呼び込み顧客の裾野を広げたい考えだ。現状では証券会社の顧客は高齢の富裕層が中心。ポイント投資をテコにして長期目線で次世代の顧客の獲得を目指す。(取材・高...
41Picks
「銀行・証券の壁」撤廃論の浮上が個人にも企業にも危険すぎる理由
Diamond Online
|
7年ぶりに続編がスタートした人気ドラマ「半沢直樹」のストーリーに影響しかねないような問題が動いている。それは、銀行と証券会社の間の業務を隔てている「ファイアウオール規制」の撤廃に関する動きだ。これは、私たち個人にとっても企業にとっても危険すぎる。本稿で警鐘を鳴らしたい。
22Picks
IPOにおける主幹事証券の選び方
note(ノート)
|
僕は過去、国内投資銀行および外資系投資銀行にいたことがあり、かつ、上場事業会社 / 非上場のスタートアップで証券会社と接する機会が多かったことから、たまに、友人のCEO / CFOから、IPOを検討しているが、いつ証券会社を主幹事に選ぶのが良いか、どう選べば良いか、どこが良いか?などと聞かれることがあります。 結論から言うと、万人にとって良い証券会社はありませんし、状況によって適切なパートナ...
22Picks
SBI証券と楽天証券はどちらがよい?それぞれの特徴やメリットを比較
ZUU Online|経済金融メディア
|
オンラインでサービスが完結するインターネット証券会社は、手軽に申し込みや取引ができることから人気が高まっています。 ネット証券会社の中でも大手として知られているのはSBI証券と楽天証券です。どちらの証券会社のサービスが自分に適しているかは、投資の知識や経験がないと判断が難しいでしょう。 そこで、今回はSBI証券と楽天証券の特徴やメリットについて比較していきます。 ■20〜30代男性は株式購入...
15Picks
IPOで「資料等の紛失」が事業リスクに、引受証券会社の従業員がうっかり KIYOラーニング上場で三菱UFJモルガン・スタンレー証券
キュレーションドットコム 
|
7月15日にマザーズ市場に上場するKIYOラーニング社の有価証券届出書の「事業等のリスク」に見慣れない内容が入っている。 上場の際にKIYOラーニング社が引受証券会社に対して交付した資料を、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の従業員が2020年5月に紛失。
352Picks
金融機関の「対面営業」はコロナで絶滅危機、非接触型サービスへ転換せよ
Diamond Online
|
新型コロナウイルスの感染拡大によって、対面営業を中心とする証券会社が苦戦しているようだ。そこで、コロナが証券営業、ひいては銀行や保険会社まで含めた金融機関の営業をどう変えるかについて考えたい。筆者は、これからの時代の証券マンは、当面「非接触型」をキーワードに「新しいサービス業」を構築しなければならないと考える。その理由を説明しよう。
213Picks
【髙田旭人】社員が辞める理由、辞めない改善策
NewsPicks編集部
|
証券会社を退社した後、24歳で海外へ勉強に行きました。いずれ父の会社に入るつもりでしたが、この時点ではまだ先のことだと思っていました。しかし、そのときは思いもよらず早くやってきました。事業を順調...
13Picks
コロナ後に株価上昇期待の20社、投資のエキスパートが選定
Forbes JAPAN
|
英国の証券会社オリーブツリー・フィナンシャルが、パンデミック以降に人々が自宅にこもる傾向を強めた結果、株価を上昇させた20の株式銘柄を公開した。オリーブツリーは各銘柄のセンチメントを現すスコアをつけている。スコアが50%であればほぼ中央値で・・・
345Picks
三菱UFJ、三井住友、みずほ銀行が共同で「本人確認プラットフォーム」参加──NEC、ポラリファイなどと開発
CoinDesk Japan
|
3メガバンクの三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行が5月7日、日本電気(NEC)などとともに、オンライン上で本⼈確認が完結するプラットフォームを提供することで合意したと発表した。⾦融機関が持つ⽒名、住所、⽣年⽉⽇などの本⼈確認済情報を、本⼈の同意を都度得たうえで事業者と連携するもので、証券会社など厳格な本⼈確認が求められる事業者へのサービス提供を⽬指すという。プラットフォームは6月から順...
1199Picks
【山口揚平】一生モノの勉強を始めよう
NewsPicks編集部
|
「積立投資はいわば、証券会社のサブスク。やめておいた方がいいですよ」事業家・思想家の山口揚平氏のインタビューは、冒頭から刺激的な言葉にあふれていた。20年近く金融市場に関わってきたプロの投資家の...
32Picks
SMBC日興×ドコモ、SBI×CCC、野村×LINE...投資初心者の争奪戦で勝つのはどこだ?
ニュースイッチ
|
証券業界で投資初心者の争奪戦が激しくなっている。通信会社やカード会社などの異業種が投資サービスに相次いで参入し、証券会社との提携も目立ってきた。顧客が富裕層に偏るビジネスモデルでは成長力が弱く、若年層など新たな顧客層の取り込みは急務。新型コロナウイルスの感染拡大で株式市場も変動しているが、外出自粛などで自宅から気軽に投資に触れる契機にもなっている。各社には投資の心理的ハードルを下げる戦略が求...
25Picks
誰でも分かる債券取引(上)
note(ノート)
|
私はアメリカの投資銀行(≒証券会社)であるゴールドマン・サックスで株のデリバティブと転換社債のトレーダーを経験しました。債券とは投資家からお金を借りるための有価証券です。英語でBondと呼んだり、満期が短いものはNoteと呼んだり。プロはPaperと呼んでいて、最初はなんでみんな「紙」をくれと叫んでいるので不思議に思いました。(笑) 株と違い、債券取引は一般の方には馴染みがないと思います。そ...
13Picks
バブル狂乱期の銀行と大蔵省「ヤバすぎる関係」をいま全て明かす!(小野 一起) @moneygendai
マネー現代
|
ここ40年の日本の金融史は、激動の連続だった――。中でも1980年代のバブル期には銀行による過剰な融資が悲劇を生み出し、そのまま90年代には不良債権問題が大手銀行を破綻に追いやるなど、日本経済全体を揺さぶった。当時は大蔵省と銀行、証券会社の関係もまたいまより「濃厚」だった時代である。あのときいったい何が起きていたのか――元大蔵官僚がバブル狂乱期の銀行と大蔵省の「ヤバすぎる関係」をいま全て明かす!
証券会社 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア