新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
51Picks
半導体不足の影響 自動車だけでなくカーナビなどにも
NHKニュース
|
【NHK】世界的な半導体不足の影響が身近な家電にも広がっています。メーカーによる減産が相次ぐ自動車だけでなく、販売店によってはカー…
3Picks
水素とCCUSで産業の脱炭素化を目指す、自動車EV化も加速(英国)
ジェトロ
|
2050年ネットゼロに向け、英国では水素や二酸化炭素(CO2)の回収・有効利用・貯留(CCUS)に注力。また自動車の電動化も進んでいる。これらの分野での企業の取り組みも加速している。
34Picks
トヨタ出資の自動運転企業「Pony.ai」、自動車製造進出か
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
自動運転技術開発のユニコーン企業「小馬智行(Pony.ai)」が自動車製造に乗り出すことが、関係者の話で分かった。同社はすでに…
63Picks
独VW、EV電池原材料の直接入手で複数供給業者と協議中=幹部
Reuters
|
[フランクフルト 15日 ロイター] - ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のトーマス・シュマル取締役(技術担当)は15日、ロイターに対し、電気自動車(EV)電池の生産に必要な原材料の直接入手を確実にするため、複数の供給業者と提携の協議をしていると語った。
16Picks
儲かる金属:EV時代の到来を見すえ10年前からリチウム確保に走っていたトヨタグループの商社、豊田通商の用意周到な資源戦略 | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
インタビュー 片山昌治・豊田通商金属本部COO(最高執行責任者) リチウムの世界生産シェアは1割強  世界の自動車メーカーが脱炭素に向けて電気自動車(EV)にシフトする中、その動力となる高性能電池にはリチウムが欠かせない。日本で唯一権益を持つ豊田通商の片山昌治金属本部COOに聞いた。
15Picks
マジかよ…… さらば超名門車オデッセイ!!  2021年内3車種販売終了でホンダ大改革の行方 - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
ホンダはグローバル生産体制の見直しにあたり、国内の主要工場のひとつである狭山工場の閉鎖を決定。これにともない、同工場で生産するオデッセイ、レジェンド、クラリティ、この3車種を、2021年いっぱいで生産終了することを国内販売店に通知した。当…
17Picks
10分で満充電にできるEVバッテリー交換のAmpleがENEOSと日本国内での交換インフラ展開、運営で提携
TechCrunch Japan
|
電気自動車のバッテリー交換を行うスタートアップのAmpleは、何年にもわたって技術開発に取り組んできたが、2021年6月、日本とニューヨークへの拡大を促進するための2つのパートナーシップを締結した。
51Picks
ホンダ、FCV「クラリティ」生産中止 GMとの開発は継続
Reuters
|
[東京 16日 ロイター] - ホンダは16日、水素を燃料とする燃料電池車(FCV)「クラリティフューエルセル」の生産を年内で中止することを明らかにした。国内外で進める工場再編を機に、生産するモデルも見直し、販売が低迷している車種を打ち切る。ガソリン車の最高級セダン「レジェンド」と高級ミニバン「オデッセイ」の生産も取り止める。
1Pick
貿易統計に見るワクチン輸入増と自動車の輸出増はホントなのか? - 元官庁エコノミスト
BLOGOS - 最新記事
|
本日、財務省から5月の貿易統計が、また、内閣府から4月の機械受注が、それぞれ公表されています。貿易統計では季節調整していない原系列で見て、輸出額は前年同月比+49.6%増の6兆2612億円、輸入額も+27.9%増の6兆4484億円、差引き貿易収支は▲1871億円の赤字を計上しています。機械受注では変動の激しい船舶と電力を除く民需で定義されるコア機械受注は、季節調整済みの系列で見て前月比+0....
2Picks
”高級車の売買”への出資持ち掛け「違法集金」被害総額は「約10億円」か 自動車販売会社の男らを逮捕
関西テレビ
|
高級車の売買への出資を持ち掛け約5000万円を不正に預かった疑いで、自動車販売会社の男らが逮捕されま...
61Picks
トヨタの自動運転戦略とは?2021年も大変革へアクセル全開
自動運転ラボ
|
世界の自動車販売において、独VW(フォルクス・ワーゲン)グループやルノー・日産・三菱アライアンスと首位を争うトヨタ自動車。リーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は確かな信頼や技術力を築き上げ、コロ […] The post トヨタの自動運転戦略とは?2021年も大変革へアクセル全開 first appeared on 自動運転ラボ.
7Picks
完成車輸送の脱炭素へ、日本郵船がLNG船に2000億円投資
MONOist
|
日本郵船は2021年6月15日、日本国内の造船会社2社と覚書を締結し、2025〜2028年度で12隻のLNG(液化天然ガス)を燃料とする自動車専用船を建造すると発表した。
12Picks
リチウムイオンバッテリーが劣化するメカニズムが解明される
GIGAZINE
|
スマートフォンや電気自動車などの電源として用いられているリチウムイオンバッテリーは、使い続けると容量が低下していくことが知られています。そんなバッテリーの劣化メカニズムが、スタンフォード大学の研究チームによって解明されました。
9Picks
かつて天下を奪ったが今は…それでも薦めたい便利で流麗ステーションワゴン特筆15選 - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
レヴォーグのヒットでにわかに盛り上がるステーションワゴン界隈。現行型・先代型、中古・新車等々織り交ぜ、流麗なるステーションワゴンの世界にご招待! #スバル #レヴォーグ #ステーションワゴン
11Picks
大口径GaN基板を量産化へ。三菱ケミカルがEVの新たな可能性を切り開く
ニュースイッチ
|
三菱ケミカルなどが大口径の窒化ガリウム(GaN)単結晶基板の量産化にめどを付けたことで、走行中に電気自動車(EV)を非接触充電する次世代EV技術が実現に近づいてきた。同基板はより大電流動作が可能な高耐圧パワー半導体を実現でき、電子機器などを効率化、小型化できるからだ。新素材がEVの新たな可能性を切り開く。(梶原洵子) 走行EVを充電 現在パワー半導体はシリコンや炭化ケイ素(SiC)基板上にG...
116Picks
ソニーが本気で取り組む自動車開発、間近に見たケータイの勢力図変化が背景に
MONOist
|
さまざまな分野で「モビリティ」への関心が高まる中、自動車技術会では今回初めて自動車業界以外の企業による基調講演を開催。ソニーグループでAIロボティクスビジネスを担当する執行役員の川西泉氏が、VISION-Sの開発秘話やモビリティビジネスへの参入を決めた背景などを語った。
5Picks
現代自、国内ファブレス企業と協議 半導体不足対応で=関係筋
Reuters
|
[ソウル 16日 ロイター] - 韓国の現代自動車グループは、世界的に半導体が不足する中、海外のサプライヤーへの依存を低下させるため、国内の半導体企業と協議している。事情に詳しい関係者4人がロイターに明らかにした。
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア