AI PCと生成AIスマートフォンの世界出荷台数、2024年に2億9500万台へ

2024年2月12日
全体に公開

PCやスマートフォンに、AI機能搭載の動きが加速しています。

ガートナー社が2024年2月7日に公表した予測によると、AI PCと生成AIスマートフォンの世界出荷台数は、2024年末までに2億9500万台に達する見込みです。これは、2023年の2900万台からの大幅な増加を示しています。

Gartner Predicts Worldwide Shipments of AI PCs and GenAI Smartphones to Total 295 Million Units in 2024

AI PCと生成AIスマートフォン

AI PCとは、専用のAIアクセラレータやコア、ニューラル処理ユニット(NPU)、加速処理ユニット(APU)、テンソル処理ユニット(TPU)を搭載し、外部サーバーやクラウドサービスに依存せずにデバイス上でAIとGenAIのタスクを最適化し、加速するために設計されたPCのことを指します。

一方、生成AIスマートフォンは、スマートフォン上で生成AI駆動の機能やアプリケーションをシームレスに統合し、効率的に実行するためのハードウェアおよびソフトウェアの能力を備えて設計されています。

ガートナー社は、2024年末までに2億4000万台の生成AIスマートフォンと5450万台のAI PCが出荷されると推定しています。これは、2024年の基本的およびプレミアムスマートフォンの22%、および全PCの22%を占めることになります。

PC市場は、2023年第4四半期に8四半期連続の減少後、成長に転じました。ガートナー社は、2024年の全PC出荷台数が2億5040万台に達し、2023年から3.5%増加すると推定しています。

出典:ガートナー 2024.2

スマートフォン市場、2024年に成長へ

ガートナーでは、生成AIスマートフォンがスマートフォン需要を後押しするのは2027年までと予想しています。

スマートフォンに画期的な新機能の搭載されない限り、消費者が生成AIスマートフォンにプレミアムを支払うことはないとしています。

スマートフォンのユーザーエクスペリエンスを変革するきっかけは、スマートフォン専用に特化された小型の大言語モデル(LLM)の進化にあるといいます。

この小型のLLMの進化により、スマートフォンは人間の言語や視覚的ふるまいを理解し、応答できるより直感的に支援し、ユーザーエクスペリエンスを新たな領域に引き上げるといったことが期待されます。

スマートフォン市場は、9四半期連続の減少後、2023年第4四半期に成長を記録しました。2024年には、世界のスマートフォン出荷台数が前年比4.2%増の12億台に達すると予想されています。

生成AIの進展と、ハードウエアの機能拡張に伴い、数年後には、身近に使うPCとスマートフォンにおいてよりAIを身近に利用できる環境になっているのかもしれません。

応援ありがとうございます!
いいねして著者を応援してみませんか



このトピックスについて
樋口 真章さん、他1520人がフォローしています